楽しゅうなるこそ…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

いまさらだけど、バレンタイン。

いまさらですが、バレンタインデー。
相方には普通に買ってきたチョコレートを上げた私ですが。
写真取るの、忘れましたけど…。

のすけくんには、手作り。
なぜなら、普通のチョコレートは、ほぼ乳成分が絡んでくるので、
のすけには食べられないからです。
相変わらず、乳・卵完全除去中…。

チョコ

で、こんな感じ。
本当はパウンドケーキを作ろうと思っていたのですが、
分量間違えて少なくなってしまったので、
ブラウニー風。
のすけは小麦は食べられるので、小麦粉で作ってもよかったのですが、
たまたま買ってあったホワイトソルガムのケーキミックスで。
ホワイトソルガムというのは、イネ科の白タカキビのこと。
グルテンを含まないので、小麦が使えない場合の代替としてよく使われます。
くせがないのでとても使いやすく、また栄養価も高いと聞いたので、
試しに買っておいたものです。
このケーキミックスは、卵や牛乳を入れずに作れる優れもの。
ピュアココアを入れて、ココア風味にして、簡単に出来上がり~♪

それだけだとちょっと地味かな、と思ったので、
今年はほんの少しだけデコレーション。
粉砂糖が、クリスマスのときから余りまくっているので(笑)
一応ハート形にしてみたり。
入れようと思って買っておいた胡桃を入れ忘れたので(笑)
レーズンとともに周りに並べて、森永のチョコシロップをかけました~。
そうそう、森永のチョコシロップも乳成分入ってなくて、
のすけが食べられる数少ないチョコレート味のもののひとつです。

幼稚園から帰ってきて、3時のおやつに。
喜んで食べてくれましたよ~。
ちなみに朝テレビで「今日はバレンタインデー」というのをみていたのすけは、
幼稚園に行く前に、
「ココアマフィン作っておいてね、3歳のときみたいにね!」
といって出かけていきました…。
覚えててくれたのか、とちょっとうれしかった反面、
「作っておいてね」って…とちょっと笑ってしまいました。

来年までは、のすけの分だけかなあ~。
再来年からはぷうたも食べられるんだろうな。
でも、それまでにアレルゲン解除されてたら、
作らなくなりそうです(笑)。
あれ、ぷうたはアレルギーどうなんだろう…。

ちなみに、ぷうたくんですが、5ヶ月になりました。
1週間ほど前からなんとなーく寝返りし始め、
ついに一昨日から完璧に寝返りするように。
結構長く顔を上げていられるのですが、
もちろんまだ戻ることはできないので、
ついに目を離せなくなってしまいました(笑)。
でも、兄のすけ同様、愛想のいい子なので、
いつもにこにこしてくれて、かわいいので、いっか(笑)。

すべて親ばかな話でしたが、お付き合いいただいた方、ありがとうございました。


ちなみに私がもらった友チョコ、ロイズの生チョコでーす。

mini_110221_0930.jpg

ロイズも生チョコも大好きー。チョコ大好きです
一応私もあげたのですが、写真取るの忘れました…。
…ってよく考えたら、あげたものは写真とれないですね。
京都ふらんすやの桜のチョコだったんだけどな。
春らしくって、可愛いチョコでしたよ~。


おまけの、近所の神社で咲きかけていた白梅です。
春はもうすぐですね。

スポンサーサイト

PageTop

のすけくんが、習いたいもの。

つい先日の、のすけ君の話。

のすけの幼稚園には、おうちの方が関西出身って子が結構います。
だから、のすけには関西弁を使うお友だちがたくさんいるのです。
3人でよく遊ぶお友だちがいるようなのですが、
のすけ以外の二人がそうみたいで…。
「Yくんはいつもは普通で、時々関西弁になる。
Tくんは、いつも関西弁で、時々普通になる」んだそうです。
「かっこいいんだよ!YくんとTくん、関西弁で!」

…使い慣れているほうを「普通」と表現していることは子どもの言うことなので、
許してやってください…。
いや、彼らがかっこいいのはことばのせいだけじゃないと思うぞ…。
クラスでも評判のしっかりもの二人じゃないか…。
そもそも、何で、君がそこのグループに入ってるのよ…。

と、まあ、母としては思うところがいろいろあるのですが、
とにかく関西弁にとてもあこがれているらしく。
関西弁を習いたいらしいのです…。

以下、実際にあった会話。

のすけ(以下N)「お母さん、のすけね、関西弁教えてほしいの」

私(以下I)「え、関西弁? ああ、YくんとTくんがかっこいいからか。
でもさー関西弁のお教室はないと思うよ…」

N「じゃあお母さんが教えて!」

I「え、お母さんは教えてあげられないよ~!
東北人だもん、関西弁は関西の人に教わらないと」

N「(半泣き)どうして、どうしてお母さん、教えてくれないの」

I「いや、だってさー、お母さんはちゃんとした関西の言葉を話せないもの。
それに、関西ったって広いしさ…大阪と京都じゃ違うだろうし…」


京都という言葉に反応するのすけ。

N「お母さんは、京都が好きなのに、京都の言葉でしゃべれないの?」

痛いところをつきます。

I「うん…しゃべれないんだ…。好きだからといってしゃべれるわけじゃないのよ。
だからさ、ちゃんと関西の人に教わりなよ、
英語だって、外国人の先生に教わるでしょ、ネイティブに習ったほうがいいよ」


のすけの幼稚園では、週に一度、アメリカ人の先生がいらっしゃいます。

N「…ネィティブって何?」

I「あ、ネイティブってのは~…その言葉が母国語の人ってことだよ」

N「母国語、って何?」

I「う、その国で生まれ育って、その言葉を自然に話す人ってことかな…?
ほら、のすけは日本語が母国語でしょ、そういう感じだよ。」

N「…関西弁って、日本語だよ? 外国語じゃないよ」

I「う…。いや、関西は国の中の地方だよ、そうなんだけど、
関西の人じゃないと正しい関西の言葉は使えないんだよ。
東北弁だってそうだしさ。お母さんは東北弁しかわからないの」

N「そうかぁ…」

I「あ、そうだ、YくんとTくんに教わればいいじゃん!」

N「やだよ!おんなじ4歳なのに」


何、そのプライド。同学年は嫌なのか。
じゃあのんさんのところのモミィちゃんみたいな、
年中さんのお姉ちゃんだったらいいのか。

「そんなこというなら、毎日上方落語のMP3聞く?
で、一席できるようになるといいわ。
でなければ、「ちりとてちん」のDVDでも見とく?全部あるぞ~」


とでも言おうかなあ、と思ってしまいました。いや、言ってませんけど。

本当にそうしようかしら(笑)。

うちののすけときたら、
すごく適当に「なんやねん!」とか「そんなん、知らん!」
「これ、のすけのやん」とか言って、一人で大笑いして喜んでいるのです…。
「のすけの関西弁、上手でしょ?」って聞かれても、
それこそ「そんなん、知らん…」です。

どなたか、正しい関西言葉の講座でも開いてくださいませんか…。
できれば、4歳の子どもにもわかるようにお願いします…。

お友だちの影響って言うのは本当にすごいんだなあ、とつくづく思いました。
関西弁の件だけでなく、
クラスの女の子たちがお手紙の交換をやっているのを見て自分もやりたい!と言い出してみたり。
ちょっと前までは字を書くのを「むーりー」とか言って嫌がっていたのに、
突然、お手紙書きをはじめたんですよねー。
もちろんまだ上手には書けませんが、
一昨日は隣の席の女の子に「だいすき のすけより」
というお手紙を書いてました(笑)。
人生初のラブレターだ…。
って、あとで大きくなってからネタにしたら、怒られるんでしょうね…。
いや、しませんよ、しませんとも。多分。

しかし、「京都の言葉でしゃべれないの?」には参ったなあ…。
私は沖縄も好きですが、沖縄の言葉もしゃべれませーん。
韓国も好きですが、韓国語もしゃべれな……、いや、それに関しては、勉強します。
はい、がんばりまーす。

ほとんど自分の日記状態ですが。
お付き合いいただいた方、ありがとうございました。
はあ、どうしよ、あの子…(笑)。

PageTop

3歳になった!

台風、すごかったですね。
雨は早い段階でやんでいましたが、一日中すごい風でした。
あまり被害が出ないといいなあ、と思っているのですが…。

ちなみに、うちの妹は職場まであと3駅というところで
電車が止まったらしいです。
首都圏は通勤時間とぶつかり会社まで行くのも大変だったようですね。
相方は車だったので、普通にいけたようでした。
そして、私とのすけは一日中家にこもってました(笑)。
絵本を読んだり、プラレールやトミカで遊んだり、
粘土や…まぁDVDも見せたけど。
のすけは結構家でもおとなしく遊んでくれるので、こういうときは楽です。

ところで。
のすけ。先月3歳になりました。
お誕生日当日は祖シルバーウィーク最終日(笑)。
祖父母がそろい、父は会社がお休み。
さらに叔母(…って普段は「みーちゃん」呼ばわりだけど。)まで来たもので、
超ハイテンション!

そして、なんだかレベルアップした今年の手作りケーキです!
200909231233000.jpg
…だいぶケーキっぽくないですか?(自画自賛)
携帯のカメラなのでイマイチだけど…。
もちろん、相変わらず卵・牛乳抜きのものです。
今回クリームは「めいらく豆乳をつかったホイップクリーム」を使用。
これがまた、ほんとにちゃんと生クリームみたいなんだ…。
びっくりしました。
この商品はwebで知ったのですが、
問い合わせると近くで売っているお店を教えてくれます。
すごい親切…。
まぁ自力で探せばいいのですが、最寄駅を言っただけで
調べて教えていただけたので、とても助かりました。

スポンジ部分は、炊飯器でつくるホットケーキ。
ホットケーキミックスはもちろん乳・卵不使用のもの。
牛乳ではなく、豆乳で溶きます。
炊飯器で作るので、大きさも同じまんまるのものが2枚作れちゃう。
しかも、焦げることもなくふっくら。
スイッチポンでほっとけばいいので、ラクチン♪

2枚のスポンジの間にみかんの缶詰をはさみ、
これまたwebで覚えた「シロップを打つ」という作業もやってみる。
でもシロップは缶詰のシロップなんだけど(笑)。

あとはデコレーション!
やっぱりイチゴは偉大です(笑)。
去年は季節柄、イチゴを探せなかったので、
マッシュしたさつまいもでデコレーションしたのですが
やはり色合い的にどうしても、地味になってしまい…。
まぁのすけは無類のサツマイモ好きですから、いいんですけどね。
(ちなみに、去年のは記事はここ
でも、今年は冷凍のイチゴを見つけたのでそれを使用。

デコの得意な妹に手伝ってもらって(あの子が得意なのは携帯とかだけど・笑)、
ほーら、ケーキの出来上がり♪

のすけは、かなり喜んでくれました。
味も、ちょっとあっさりしてたかもしれないけど、おいしかったです。
まぁ、味に関しては私の手柄ではなく、
あくまでもホットケーキミックス様とホイップクリーム様のおかげなんですが…。

プレゼントもいっぱいもらって、ごきげんののすけ。
ちなみに、私たち両親からはこれ。


あ、画像なかった…。

のすけはピアノが大好き。バンバン叩くだけですが(笑)。
うちには電子ピアノがあるのですが、
使う都度リビングに持ってきてスピーカーに接続して、という使い方…。
つまり、重いので相方がいないと、もって来られない(笑)。
そんなこともあり、気軽に弾けるのすけ用のピアノがあるといいな、
と思ったのです。
本物をバンバン叩かれるのも気になるしね。
あまりちゃっちいやつだと、音が狂ってたりしてそれも困る。
ミニピアノもいいかなあ、と思ったのですが、
ちょっとキンキンした音が気になるのと音量が変えられないと
一応マンションなので、まずいかな、と思ったり。
普通の小さ目のキーボードにしようかな、と思っていたところ
これを発見し、購入!
普段はたためるからすごくコンパクトだし、
のすけも自分で扱えるから、勝手に出してきて勝手に弾いています(笑)。

ほかにもプラレールやらハンドルのおもちゃやら絵本やらボールやら。
…どこに片付けるんだい、これ以上…。

しかし。
祭には終わりがくるもので…。
当日、父方の祖母・母方の叔母(私の妹)、翌日、母方の祖父母、
そして父は会社へ…。
となると、とたんに寂しくなるのすけ。
「おもちゃいらない。おじーちゃんとおばーちゃんと、みーちゃんは?」
「帰っちゃったら、やだよ」
「お父さん、会社行って寂しいよぉ」
などと、可愛らしいことを言います…。
が、「お母さんがいるからいいじゃん」と言ったら
「だって~、お母さんはいつもいるでしょ」だそうです。かわいくない(笑)。

が、しばらくしたら突如プレゼントにもらったハンドルを握り、
「そうだ!おじーちゃんたちに会いにいこう!のすけが運転するから!」
と、"おじいちゃんたちに会いにいくごっこ"が始まったのでした…。
今でもほとんど毎日やってます(笑)。
今日も「台風で大変だから、みーちゃんを迎えに行くんだ!のすけが!
そして、新幹線でみーちゃんの家に行く!」
と言い出し、ハンドル握ってました…。
でも、みーちゃんの住んでるところまでは新幹線は必要ないよ…。

そんなわけで3歳になったのすけですが。
ちょっとはお兄ちゃんになったかな?
遅ればせながらトイレも教えられるようになってきたしね…。

母がまるっきりのインドアなせいか、
初めにも書きましたが本人も割とおうちの中で遊ぶのが平気なところが
親にとっては楽でもあり、「男の子なのになあ」と気になるところでもあるのですが…。
優しくておっとりしてるのはいいところだと思うんだけど(親ばか?)
男の子にしてはちょっと覇気が足りないというか…。
怖がりだし。すぐ「無理!できない!やって!」とか言うし。
よその子におもちゃとか取られてもすぐ諦めるし。
まあすぐ他の子に手を出したりしちゃうのも、大変みたいだけど…。

きっと幼稚園に行ったら多少変わるよね、と楽観的。
…大丈夫だよね。男の子らしくなるよね。

来年からの幼稚園が、楽しみでもあり、怖くもあり。
そして、幼稚園に行ってる間の自分がまったく想像できない今の私は
…すっかり専業主婦なんだなあ、と思ったりしているのでありました。

相変わらず話が飛び飛びですが、これでおしまいにします。
お付き合いいただいた方、いらしたとしたらありがとうございました。

PageTop

のすけくんの新学期

ああ5月も終わってしまった…。
この4月5月がばたばたしていたのは
のすけが新学期を迎えたから、というのが一つの原因です。
3月までは、のほほーんと家にいただけだったのに、
4月になったら週に3日も出かけることになってしまい…。
いや、申し込んだのは自分なんですけど(笑)。

まずひとつはプール。
これは、本当は昨年秋に申し込んでたんですが、
空きがなくってキャンセル待ちした結果、4月から入れることになったのです。
…要するに学年が上がって、空きが出たんでしょうね…。

ところでうちののすけくんですが。
若干喘息持ちっぽいのです。
いや、今のところ診断は「喘息様気管支炎」なんですけど。
で、喘息にはやはり水泳かなーと単純に考えた結果、申し込んでみました。
(結構単純)

最初の2回は大泣きでどうなることかと思いましたが、
最近は慣れてきたようで、楽しそうにパチャパチャ遊んでいます。
…さすがにまだ水遊び段階です。
「コーチがねー、のすけちゃんじょうずねーって言ってくれた~」
などといいながら、楽しそうにしています。
幼児クラスながらも「級」なぞあったりして…。
まぁ「かめさん」とか「かにさん」とかなんですけど。
「かめさん=水で遊べる」とか「かにさん=顔を洗える」とか…。
ちなみに、その次は「めだかさん=顔を水につけられる」です。
ま、本人はわかってないと思いますけど(笑)。
最近はお風呂に入っていると突然顔をつけて
「プールでねえ、コーチとぷくぷく~ってするの!」
などと言い出すので、目を離せないけど(笑)。
とりあえず、楽しくなってきたみたいなのでよかったなあ、と思っています。

そして、次に始まったのがなんと幼稚園!
…とは言え、週1回ですけど。
いわゆる「プレ教室」というやつで、いわば幼稚園の青田買い…。
あれ、買われたのは私たちか?(笑)
うちのあたりは子どもが多く、もちろん幼稚園もたくさんあるのですが、
「人気があるところは集中するから、年少からだとほとんど入れないよ!」と
近所の人に脅かされたのです(笑)。
それがちょうど去年の今頃。
慌てて、調べはじめたのですが、
うちの場合いくつか条件があったので、2つの幼稚園に限られることとなり。
どちらもわりと「人気がある」ところだったので
そのうちのひとつに申し込んだわけです。
それが去年の12月。

…なぜ、1歳のうちから幼稚園の見学をして、
2歳ちょいで幼稚園の申し込みをしなくてはならないのだ?
あたしの頃は2年保育でしたが…?
これって、3年保育どころかほとんど4年保育よね???
…とは思うものの、勢いに乗せられ…。
まぁ週1だし習い事だと思えばいいかな、という感じなんですが。

ていうか、うちの幼稚園は本当に習い事みたい。
50分間次から次へとカリキュラムが進んでいくのです。
ご挨拶→出欠確認→歌→ひらがなカードなど→工作など→絵本→…略
みたいな。

…2歳児なのに。
正直に言うと初日は若干引きましたが(笑)、
だんだん慣れてきてそれはそれでまぁいいか…みたいな気になってきました。
考えたら、幼稚園のカリキュラム自体も
茶道やら剣道やら水泳やら、いろいろやらせる幼稚園だった…。
とはいえ、見学に行ったときの園児さんたちの
元気で明るい挨拶がとってもいいなあ、と思ったのも事実。
まぁのすけくんには慣れていただきましょう。と思い始めました。

本人は最初はおそらく人数の多さにびびっていましたが
(親子合わせると60人くらいいることになるので…)
最近では楽しそうに体操したりしてるので、ま、いいかな、という感じです。
「幼稚園に行く△△バスが好き~」とかいうようになったし。
(プレは園バスには乗せてもらえないので、路線バスに乗っていくのです)
…もしかして、バスに乗れるのが楽しいだけとか?(笑)

そしてもうひとつはリトミックに行き始めました。
これは月に2回か3回だけですけど。
お歌はしょっちゅうひとりで歌っていて好きみたいだし、
楽器もかなり好きみたい。
なので、ちょっと音楽に触れさせてあげるのもいいかなあ、と。
ただ、本当のことを言うと踊りはあまり…のような感じもするんだけど。
のんさんがブログのコメントで「モミィちゃんと同じ時間にテレビの前で踊っているのかも」
とおっしゃってくださいましたが、うちののすけ、踊らないんですよね…。
一緒に歌うんだけど、なぜか踊らない。
「踊ろうよ~」と言っても「おかーさん、うまーい」とか「おかーさんが踊って~」みたいな。
私一人がテレビの前で学芸会状態(笑)。
幼稚園でもプールでも最初は頑なに体操しなかったんですよねえ。
まぁ最近は楽しそうにやるようになってきたし、テレビの踊りもちょっとやるようになってきたので
幼稚園もしくはリトミックの効果が出てきたのかもしれません。

こちらは人数も少ないし、本人も楽しいみたいです。
「リトミク行く~。○○くん(リトミックのお友だち)とお歌歌って遊ぶ~」
などと言っています。

しかし、この辺の人は他にも英語だの体操だの
いろいろ行かせてる人が多いんですよね~。
よくまぁみんな体力と気力(…と、お金?)があるなあ…。
私は割とマイペースなようでいて小心者なので、
周りがそうだと「え、うちもやらないとまずい?」などと不安になるタイプなのですが(笑)
これ以上行かせるとすると連れてく私も疲れるしー。と言うことで、
今年度はこのくらいにしておこう、と思っています。
…ていうか、リトミックは今年1年のつもりなんですけど、最初から。

来年からはいよいよ幼稚園だし!
どんな幼稚園生になるやら。心配なような、楽しみなような…。
とりあえず楽しく過ごしてくれるといいなあ。

やっと書いてこんな記事と言うのもどうなんだろう、という気もしますが、
これでおしまいです。
お付き合いいただいた方、いらしたとしたらありがとうございました。

PageTop

のすけの愛する絵本たち(タイトル大げさ)

のすけ。2歳2ヶ月になりました。
最近は相変わらずのおしゃべりっぷりと、列車まにあとしての一面を見せ始めています…。
やたらと特急の名前を覚えてるんだけど…なんなんだろう。
特急列車が載ってる本なんかを見ていると
「これ、わかんなーい」と、指さして聞くから教えると、
次には「○○!」と指さして名前言うんだよなあ…。
いきなり、「これは、しゅーぱーびゅう、おどりこ!(スーパービュー踊り子)」と
叫ばれた時には本気でびっくりしました…。
は???君、字読めるの?みたいな…。(そんなわけはない)
子どもって…。てか、男の子って…。不思議な生き物です。

ちなみに本人のお気に入りは、
白いかもめ(JR九州)・ラピート(南海電車)・成田エクスプレス(JR東日本)
などです…。
やはり見た目に特徴があるものが好きみたいです。
おかげでお母さん、いろいろ覚えたよ…。あたしが列車マニアになりそう…。(嘘です)

まぁ一番のお気に入りはどうやらこれ

「特急列車に乗ろう!」なんですけども。
でもまあ、他にもいろいろ絵本が好きなので、それについて今日は書きたいと思います。

ところで、のすけは「読んで!」とは言わず
なぜか「読みて!」といいます。
「書いて!」も「書きて!」だし…。
音便化したほうが言い易いと思うんだけど。
いつか直ってくれるのだろうか…。

一番小さな頃に気に入っていたのはこれです。
「おつきさま こんばんは」
おつきさまこんばんは (福音館 あかちゃんの絵本)
林 明子
福音館書店
売り上げランキング: 291

シンプルなんですが、とても可愛らしい絵本です。
うちは小さなお子さんがいるおうちにお邪魔するときには
おみやげに絵本を買っていくことが多いんですが、
1歳になっていないお子さんの場合はこれを買っていくことが多いです。
夜空の色も綺麗で、シルエットの猫がかわいくって、
大人も「かわいいなあ」と思う絵本だと思います。
のすけはこの絵本で「こんばんは」って言葉覚えたしね…。

まぁ同じ頃に、「がたんごとん がたんごとん」
がたん ごとん がたん ごとん (福音館 あかちゃんの絵本)
安西 水丸
福音館書店
売り上げランキング: 279

にもはまっていたから、やっぱりこの頃から電車好きだったのかもしれませんが…。

1歳前くらいに気に入っていたのは、これ。
「ミッフィーのたのしいびじゅつかん」
うさこちゃん びじゅつかんへいく (ブルーナの絵本)
ディック ブルーナ
福音館書店
売り上げランキング: 17383

タイトルどおり、ミッフィちゃんが両親と美術館に行く話。
そこそこストーリーもあるので、あきちゃうかな?と思ったんですが
意外ににそうでもなく、楽しんで聞いてたみたいです。
ミッフィちゃんの「お話シリーズ」なので、背景が白だったのは私にとって新鮮でした。
(背景もこってり色が塗ってあるイメージがありません?)
のすけが真っ先に覚えたキャラクターは実は「みっふぃ!」だったりします。
(あと「いないいないばぁっ!」のうーたん)
なぜかキティちゃんも「みっふぃ!」なんだけど…。

ちなみに、うちにあるのは「うさこちゃん」@福音館書店版ではなく
「ミッフィー」@講談社版なのですが、
画像が福音館書店版のものしかなかったので、こちらを貼っています。
うさこちゃんとミッフィーちゃんの違いって、
出版社(及び翻訳者、かな?)の違いだったんですね…。
実は、最近まで知りませんでした。
私が小さい頃はうさこちゃんだったなあ、とは思ってたんですが。
しかも本当の原作での名前は、ナインチェちゃんと言うらしい…。
…誰?って感じですが。
ミッフィーちゃんと言うのは、英訳での名前なんだそうです。

その後のお気に入りは
「よるくま」
よるくま
よるくま
posted with amazlet at 08.12.04
酒井 駒子
偕成社
売り上げランキング: 233

これもかわいいお話で、男の子のおうちに「よるくま」がやってくるお話。
最後は「おやすみ」と終わるので、寝かしつけ用の絵本だと思うんですが…。
たいがい日中に読んでいる気が(笑)。

その後はいろんな本が入れ替わり立ち代り、と言う感じでしたが
「11匹のねこ」「にじいろのさかな」とか。
ああ、「ぐるんぱのようちえん」も好きみたいだったなぁ。

そして最近のお気に入りはこれ。
「くまのがっこう」シリーズ
くまのがっこう (PICT.BOOK)
あいはら ひろゆき あだち なみ
ブロンズ新社
売り上げランキング: 6107

これは、飛行機の中でお借りして初めて読んだのですが…。
なんか、すっごく気に入ったらしく。
シリーズもののようだったので、他にどんな本があるのかな?と思いサイトを調べていたら、
のすけがPCモニターを見て「ジャッキー!」と主人公のくまの名前を連呼しだし…。
かなり気に入っているようです。
最近は、飛行機に乗ると必ずCAさんにくまのがっこうの本をお借りしています。
ぐりとぐらもあるんだけどね、JALの機内…。
どうやらジャッキーの方が好きらしい…。

母としては、できれば「特急(の本)、読みて!」よりは
こういった物語の本をより聞きたがってくれると嬉しいんですけど…。
今や割合は7:3くらいに…。
思うようにはいかないものです…。いいんだけどさ…。

そんなわけで、メモ代わりのブログでした。
読んでくださった方、いらしたらありがとうございました。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。