楽しゅうなるこそ…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

残暑お見舞い、申し上げます。

夏なので、夏らしい画像を。残暑お見舞いの代わりです。

DSCN3541.jpg

これは、沖縄・粟国島の写真です。
場所はここ。矢印で見えてないけど…ちっちゃい島なので。
那覇の泊港(通称とまりん)から船で2時間。
飛行機だと、ちっちゃいプロペラ機(9人乗り…)で那覇空港から約25分。

「粟国の塩」と映画「ナビィの恋」で一部に有名な、
でも、ほとんど観光地化されていない静かな島です。

行くときは船で、帰りは飛行機で帰ってきました。
船はえらく揺れましたが、のすけも私も揺れにあわせてぐっすり…。
まぁ、のすけはちょうどお昼寝の時間だったのもありますけど…。
帰りも飛行機の中でとくにはぐずらず、ほっとしました。
普通サイズの飛行機と違って、ぐずられたら逃げるところがないので…。

のすけ、人生初の沖縄の離島!(石垣島を除く…)
そもそも、梅雨明けの夏の沖縄に行くこと自体、私たちも初めて。
ちょっとどきどきしましたが、いろいろ調べ万全の(?)体勢でのぞんだので
無事に楽しむことができました。
なんで、その時期に沖縄に行ったのかと言うと、
メインはBEGIN主催の「うたの日カーニバル」に行ったのです。
野外ライブ…みたいな?
でも、沖縄らしいゆるーいイベントで、なにせ、無料。
ステージ前、メインのスタンディングゾーン以外は
飲食OK・敷物OK・出入り自由な、ファミリーゾーン。
タダなんだから、のすけが飽きたら帰ればいいよね~ということで参加。

ちなみに、のすけはちょっと飽きてもまわりの公園をお散歩したり、
隣のお兄ちゃんに遊んでもらったりして、
結局はほぼ最後まで楽しむことができました!
BEGINの出番は最後だったので、よかった…。

で、以下は粟国島の写真です。

DSCN3391.jpg
ちなみにこれは船から見た図。

CIMG8778.jpg
DSCN3487.jpg
DSCN3494.jpg
CIMG8779.jpg
DSCN3580.jpg
CIMG8788.jpg
CIMG8816.jpg
DSCN3729.jpg
DSCN3732.jpg

静かな、本当に静かな何もない島です。
ひさびさに離島に来た…来てよかった…と心から思いました。
本島も好きだし石垣はとても大好きだけど、
やっぱり離島には離島にしかない空気があるよなあ、と。

行く前は、のすけが船で酔ったらどうしよう、
帰りの飛行機でぐずったらどうしよう、と心配でしたけど。
前日のイベントで疲れてるんじゃないかとも思ったし。
でも、行ってみたら、のすけも初めて海に入ったり、
地元の同じ年くらいの女の子と遊んでもらったりして
楽しんでくれていたみたいです。
海を見て「きれーい、きれーい!うみ、うみ!」って叫んでたし。
…まぁ一番気に入ったのは、宿のおねーさんみたいだったけど…。

で、帰りの飛行機からの写真。

CIMG8838.jpg
CIMG8859.jpg
CIMG8864.jpg
お天気もよく、海がとても綺麗でした。
でも、来年くらいにこの路線はなくなっちゃうらしい…。
離島の小さな飛行機、どんどんなくなっちゃう…。
ちょっと寂しいです。

ちなみにどんくらい小さいかと言うと…
DSCN3811.jpg
なんとなく、おわかりいただけましたか?
しつこいようですが、9人乗りです。10人目はパイロットさんです。

…最近は、暑くてもうやんなっちゃうような気候ですが、
少しは、すっきりした気分になっていただけましたか?

ちなみに、8日から10日間ほど避暑(世間はそれを帰省と呼びますが)に参ります。
1ヶ月くらい平気でほっとくのに、こういうときだけ宣言するのもナンですが…。
実家ではWEB環境が基本的にはないので、コメントなどもできないと思います。
また帰ってきたら、お目にかかりたいと思います。

スポンサーサイト

PageTop

夏はカレー!そしてゴーヤー。

080803_1914~0001

たまには、こんな記事もいいかなあ、と思って。
昨晩のお夕飯です。
携帯の写メなんで、写りいまいちですけど。

暑いとカレー食べたくなりませんか?
しかもからーーーーーーーいやつ。
まぁ私の場合、もともと辛いものが好きなんですけど。

以前も書いたことあるんですが、
私は辛いカレーが好きなので、隠し味に必ずあるものを入れます。

ひとつはガラムマサラ。瓶で売ってる普通のやつですけど。
もうひとつはコーレーグース
沖縄の食堂には必ずある香辛料で、島唐辛子の泡盛漬けです。
よくあるガーリックオイルやチリウォーターをイメージしていただくとわかりやすいかも。
wikipediaを見たらなかなかうまい説明が写真付きで載っていたので、
ご興味のある方はこちらからどうぞ。(って、直リンしていいのかな…)

これを入れるとピリッと引き締まった辛味になります。
しかし入れすぎると悲惨なので、入れすぎ注意。

そんなわけで、カレー。
今回はゴーヤーとプチトマトとかぼちゃも入れて見ました!
夏っぽいかな、と思って。
ちなみに、ごはんが赤っぽいのは十六穀米だからです。
最近始めたんですがクセもないし、おいしいですよ!
(少食だけど、お米はなぜか食べるのすけ対応です・笑)

ゴーヤーは、夏にはほんとにいいですね~。
スライスして、ツナと和えたりしてもおいしいし、
シンプルに鰹節だけかけて食べるのも好き。
最近ハマっているのは、ゴーヤーと玉ねぎとスモークサーモンのマリネ。
ぽん酢醤油と、ちょこっとのオイルと、ゆず胡椒でマリネにします。
すぐできるし、ピリッとしてすっぱくて夏にぴったり。
もちろん、チャンプルーも大好きだし、
カレーに入れてもおいしい。(入れた、って言うより切って乗せたんだけど)
この季節になると、安いですしね。
たくさん食べられる!ここんとこ、毎日食べています。

と、いうわけで、今日も夏野菜カレーのお夕飯です(笑)。
ああ、作らなくていいって、楽…。

PageTop

のすけのおしゃべり。

のすけ。1歳10ヶ月になりました。

男の子なのに、えらくおしゃべりな子です。
きっと母に似たのでしょう…。

真っ先に話すようになったのは、「いっち!」
これはですね、NHKの「ピタゴラスイッチ」のことです。
はじまると必ず叫びます。
最近は、テレビのタイミングに合わせて、ちゃんと言います…。

テレビネタはすごく多くて、「いないいないばあ!」のキャラクターの
「うーたん」「わんわん」もきちんと把握して、出てくると声をかけます(笑)。
キミは歌舞伎座の大向さんかい。
「にほんごであそぼ」も「クインテット」もそれぞれ番組名っぽいことをいいます。
「ちりとてちん」のテーマが流れると「ちりと!」って言うし…。
ちなみに、「瞳」のテーマでも「み!」といいます…。

ちりとてネタで一番びっくりしたのは、
別の番組で渡瀬恒彦さんが出てらしたときに
テレビを指さし、やたらとはっきりとした口調で「ししょーーー!」と言ったことです。
(注:ご存知ない方のために。連続テレビ小説「ちりとてちん」のなかで
渡瀬さんは「徒然亭草若」という役をやっておられ、「師匠」と呼ばれていたのです)
ていうか、それって、私がどんだけ見てたんだ?って話?

男の子だからか電車とバスと車が好きなので、
それぞれ「でぃえんしゃ!」「ばふ!」「ぶーぶー!」というし、
パトカーと救急車は「ぴーぽーしゃ」消防車は「うーうーしゃ」と区別できます。
ちなみに「ぴーぽーぴーぽー」は回転灯の事をさすらしく、
ドライブなぞしてるとしょっちゅう「ぴーぽーぴーぽー!」です。
巷にあんなにたくさん回転灯があるとは知りませんでした。
そして、なぜか郵便マークも大好きなので、すぐに発見し、
「うーびん、うーびん!」と叫びます。

挨拶系も、最近は「ばいばい」のほかに「ありがとう=がとうっ!」「こんにちは=わ!」
とかいうようになりました。
おやすみなさいは「なしゃい」だし、おはようは「あよー」だし…。
なんで、半分しか言わないんだろう…とは思いますが。
子どもって不思議。

ちょっといやなのは、「イタイヨー」というのを覚えたのですが、
痛い時だけではなくて、単に気にいらないときも「いたいよー!」と叫ぶことです(笑)。
私がいじめてるみたいじゃないか…。
おもちゃを外で落とすと困るから、預かっただけなのに…。

それから、彼の特徴としては妙に誘い系が多いことがあげられます(笑)。
例「寝よっか」「行こっか」「座ろっか」「帰ろっか」「けようっか(=出かけようか)」
などなど……。
ちゃんとわかって使ってるから、ちょっと笑えるんですよね~。

初めて「寝よっか!」と寝室に手を引いていかれたときには
かなりびっくりしました。
お散歩していて途中にいすというか、ベンチみたいなものがあると
必ず「座ろっか」といって座るし…。
飽きてきたり、疲れてくると、ずーっと「帰ろっか、帰ろっか」と言ってます(笑)。
そして、日中は日がな一日「くっく(=靴)!くっく!けようっか!けようっか!」…。
要するに、「靴を履いてでかけようよーーーーー」と言っているわけです。
最近暑いから、日中は出かけたくないんですよねえ…。
けど、そういいながら玄関まで引っ張っていかれるので、
どうやってなだめるか、困ったものです…。

けど、多分私が言ってるんでしょうね。
「のすけ、もう寝よっか」とか「行こっか」とか…。
うーん、やっぱり子は鏡。物理的にも。

そんなにもしゃべっているのに、
なぜかお父さんお母さんは言ってくれていなかったのですが
最近やっと言ってくれるようになりました。
かなり感動しました。
一時期は周りがわりと早い段階で「ママ」って呼んでいるのを聞いて、くじけかけたんですけど。
待っててよかった!
ちゃんとは言えなくて、「おーしゃん」「あーしゃん」だけど。でもちゃんと区別できてます。
まあ、結局言うことといったら「あーしゃん!くっく!けようっか!」なんですけども…。

ところで、先日私の父から自分のドアップの写メが送られてきました。
曰く「のすけにこの写メを見せて、どう反応したのか教えろ」と…。
私はどっちかっていうの、その父の行動にびっくりしたのですが
(うちの父は明治生まれみたいな頑固でワンマンな人で
とてもそんなことをするような人じゃないんですが…のすけにだけは違うらしい…)
まぁ、父がそういうので、のすけに「ほら、これ、だーれだ?」と見せてみました。
すると、のすけが一言。

「すけ!すけ!」

父だけが、のすけのことをそう呼ぶのです…。
ほかはみんな、「のすけ」か「すけちゃん」なんだけど。
のすけにとって、うちの父は「すけ」だったらしい…。
いや、のすけ、あのね、その人のことは「おじいちゃん」って呼んだげて…。
「すけ」ってキミのことだから…。

実は私は最初のすけのことを「すけちゃん」と呼んでいたのです。
でも、相方に「ちひろが一番呼ぶ回数が多いのに、そう呼んでたら
のすけがじぶんのことを”すけちゃん”という名前だと思っちゃうだろ?」
といわれたので、1歳を機に「のすけ」を呼ぶようにしたのです。
…ある意味正しかったのかもしれん、と思った瞬間でした。
ちょっと違うけど、やっぱりそういうことってあるのかも、と思って。

話は変わりますが、
のすけは今「お年は?」と聞くと「ひ!(=ひとつ)」と言って指を1本立てるんですけど、
あと2ヶ月で「ふたつ」を教えないといけないんだなあ…。
ちゃんと切り替えられるんだろうか…。
みんな、いつから「ふたつ」を教えるのかなあ…。

とりとめもなくなりましたが、とりあえず終わります。
結論としては、のすけはおしゃべりだ、と言うお話でした。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。