楽しゅうなるこそ…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

いろんな事を書いてみる。

寒くなってきましたね…。

とくに書くことがあるわけじゃないんですが、たまには書いてみようかと…。
このままだと、また広告が出そうですし。

…てか、どんなスタンスなんだろう、自分、ブログに対して。
と疑問に思わないでもないのですが。
まぁ…あくまでも細々と地味~なブログですので、どうぞお気になさらず…。

ちょっと前に、「鹿男あをによし」のドラマを再放送していて、
なんとなくずっと見ていたのですが…。
あれ、小説なんですよね?おもしろいのかなあ。
ドラマはおもしろかったです、とても。
奈良でのロケが多かったらしくたくさん映るので、行きたくなっちゃって困ったけど(笑)。
本もおもしろいなら読んでみようかなあ、と思ってみたり。
でも図書館の予約状況を見たら300人待ちだったのでやめることにしました(笑)。
もう少し落ち着いたらにしよう…。

そんな私が最近ずっと読んでいるのは橋本治「双調平家物語」。
双調平家物語〈1〉序の巻 栄花の巻(1)
橋本 治
中央公論社
売り上げランキング: 153775


高松に行く予定があったので、
「高松と言えば屋島じゃーん。平家物語でも読んでおこうかなぁ~」と思って
読もうと思ったのですが……まだ平家が出てこない(笑)。
てか、3巻目を読んでいるのですが中大兄皇子がうんぬんやってるし。
1巻目なんて、安史の乱の話だったし。そもそも日本じゃないじゃーん!
どうやら8巻目くらいにならないと平清盛は出てこないらしいです。

なんだか、文句を言っているような書き方をしちゃいましたが、
そうではなく。かなりおもしろいです。
橋本治って初めて読んだんですが、他もおもしろいのかなあ?
「窯変源氏物語」が源氏視点から書かれている、と聞いて、
「それは面白そうだけど、女子としてはイラっときそうだなあ」と思って
なんとなく読んでないんですけど(笑)。

でもこれは本当におもしろい!
全15巻と結構長いのでじっくりと読みたいな、と思っています。

そう言えば、綿矢りさ「インストール」を読みました。
アナザービートルさんがの記事に触発されて、やっと。
今まで読んだことなかったのです…恥ずかしながら。
すごく読みやすかったです。
かなりありえない話なのに、全然そんなふうに感じさせなかったし。
ストーリーの組み立てもうまいんだろうけど、
たぶん言葉の選び方がうまいんだろうなー。
高校生でああいうものが書けたということに驚きです。
高校時代、文芸部で駄文を書いていた身としては、本当にすごいなあと思います。
…って、自分と比較してどうする(笑)。

酒井順子「都と京」というエッセイの中で東女と京女の比較として
「蛇にピアス」の金原さんと綿矢さんが例に上がっていたのですが、
その文面を思い出しました。
なんとなく、「ああ、酒井さんのいうことはわかるな」と。
(金原さんは読んでいないので、なんとも言えないのですが)
ちなみにこの「都と京」というエッセイも、
私のようなミーハー京都好きのツボにはまるおもしろいエッセイでした。

京都といえば、毎年12月に行われる京都・観光文化検定。
今年も第5回が行われました。
受けに行ったことはないのですが、WEB版京都新聞に問題が掲載されるので
勝手に解いてみています(笑)。
いつも、3級は合格点に達するんだけど、2級がギリギリダメなんだよなー。
今年はまだ3級しか解いてないんですけど…。
2級が余裕で取れるようになりたいものです。
って、相変わらず何をめざしているのか自分でもよくわからないんですが(笑)。

いつか受けに行ってみたいなーと思うんですけど、
「なんのために?」と聞かれると「京都と試験が好きだから、かな?」
としかいえないところがなかなか厳しいところです(笑)。

今年は京都に一度も行けなかったのがちょっと寂しいです。
来年は行きたいなー。
でも、のすけがおとなしくお寺のお庭を見てくれるとは思えない…。
…当分お預け、かな?と思っています。

そう言えば、クリスマスでしたね。
今年は、おうちで地味~にケーキを作って食べました。
以前も書きましたが、のすけは卵・牛乳アレルギーなので、
相変わらずお豆腐のクリームで。こんな感じ↓
ケーキ
でも、今回は苺を乗っけたので、だいぶそれっぽくなったのが嬉しい。
のすけも「ケーキ!絵本と同じ、ケーキ!」と喜んでくれたし。

ちなみに、スポンジは今回は手抜きをしてお手製ではなく、
生協のアレルギー対応米粉スポンジケーキ。
生協はいいですよね、のすけでも食べられるお菓子もたくさん売ってるし。
ありがたいです。
ちなみに、のすけへのプレゼントはブロックを用意しました。
2日前までは「サンタさん、来てくれるかなー」と言っていたのですが、
前日に私が仕込みで「サンタさん、ブロックくれるかもよ~」と言ってしまったために
イヴには「サンタさん、ブロックくれる~」になってしまいました…。
うーん、失敗。
でも、一応サンタさんからもらったと思ってくれたようで、
ブロックを出すたびに「サンタさん、プレゼントくれたの」と言ってくれるので
まぁよしとしようかな、と思っています。

そして、年末の楽しみはフィギュアの全日本選手権!
今年はグランプリシリーズで小塚選手が大活躍でしたが、
今回も2位になり、嬉しいです。(本人は残念だっただろうとは思いますが…)
そんなに詳しいわけじゃないのですが、
小塚くんは3年前にジュニアからシニアになったときから
がんばって欲しいなーと応援していたのです。
織田選手も戻ってきたことだし、世界フィギュアも楽しみです。

今日は女子のフリーがあるので、楽しみ~。
中野選手がショート1位なんて、本当にドキドキしてしまいます。
いや、浅田選手も安藤選手も大好きですが、中野選手を応援しているのです。(あと武田選手)
昨日のショートは、見ていて本当に感動しました。
今日のフリーもがんばって欲しいなあ。
もちろん、真央ちゃんも美姫ちゃんも応援しています!
楽しみだなー。それまでにのすけが寝てくれるといいなあー(笑)。

…結局何を書きたいのかよくわからないままでしたが、突然終わります。
お付き合いいただいた方、いらしたとしたらありがとうございました。

それから、年内は最後の更新になると思います。
年明けは早くて15日以降の更新になると思いますので、よろしくお願いします。

それでは、読んでくださった皆様、どうぞよいお年をお迎えください!

スポンサーサイト

PageTop

のすけの愛する絵本たち(タイトル大げさ)

のすけ。2歳2ヶ月になりました。
最近は相変わらずのおしゃべりっぷりと、列車まにあとしての一面を見せ始めています…。
やたらと特急の名前を覚えてるんだけど…なんなんだろう。
特急列車が載ってる本なんかを見ていると
「これ、わかんなーい」と、指さして聞くから教えると、
次には「○○!」と指さして名前言うんだよなあ…。
いきなり、「これは、しゅーぱーびゅう、おどりこ!(スーパービュー踊り子)」と
叫ばれた時には本気でびっくりしました…。
は???君、字読めるの?みたいな…。(そんなわけはない)
子どもって…。てか、男の子って…。不思議な生き物です。

ちなみに本人のお気に入りは、
白いかもめ(JR九州)・ラピート(南海電車)・成田エクスプレス(JR東日本)
などです…。
やはり見た目に特徴があるものが好きみたいです。
おかげでお母さん、いろいろ覚えたよ…。あたしが列車マニアになりそう…。(嘘です)

まぁ一番のお気に入りはどうやらこれ

「特急列車に乗ろう!」なんですけども。
でもまあ、他にもいろいろ絵本が好きなので、それについて今日は書きたいと思います。

ところで、のすけは「読んで!」とは言わず
なぜか「読みて!」といいます。
「書いて!」も「書きて!」だし…。
音便化したほうが言い易いと思うんだけど。
いつか直ってくれるのだろうか…。

一番小さな頃に気に入っていたのはこれです。
「おつきさま こんばんは」
おつきさまこんばんは (福音館 あかちゃんの絵本)
林 明子
福音館書店
売り上げランキング: 291

シンプルなんですが、とても可愛らしい絵本です。
うちは小さなお子さんがいるおうちにお邪魔するときには
おみやげに絵本を買っていくことが多いんですが、
1歳になっていないお子さんの場合はこれを買っていくことが多いです。
夜空の色も綺麗で、シルエットの猫がかわいくって、
大人も「かわいいなあ」と思う絵本だと思います。
のすけはこの絵本で「こんばんは」って言葉覚えたしね…。

まぁ同じ頃に、「がたんごとん がたんごとん」
がたん ごとん がたん ごとん (福音館 あかちゃんの絵本)
安西 水丸
福音館書店
売り上げランキング: 279

にもはまっていたから、やっぱりこの頃から電車好きだったのかもしれませんが…。

1歳前くらいに気に入っていたのは、これ。
「ミッフィーのたのしいびじゅつかん」
うさこちゃん びじゅつかんへいく (ブルーナの絵本)
ディック ブルーナ
福音館書店
売り上げランキング: 17383

タイトルどおり、ミッフィちゃんが両親と美術館に行く話。
そこそこストーリーもあるので、あきちゃうかな?と思ったんですが
意外ににそうでもなく、楽しんで聞いてたみたいです。
ミッフィちゃんの「お話シリーズ」なので、背景が白だったのは私にとって新鮮でした。
(背景もこってり色が塗ってあるイメージがありません?)
のすけが真っ先に覚えたキャラクターは実は「みっふぃ!」だったりします。
(あと「いないいないばぁっ!」のうーたん)
なぜかキティちゃんも「みっふぃ!」なんだけど…。

ちなみに、うちにあるのは「うさこちゃん」@福音館書店版ではなく
「ミッフィー」@講談社版なのですが、
画像が福音館書店版のものしかなかったので、こちらを貼っています。
うさこちゃんとミッフィーちゃんの違いって、
出版社(及び翻訳者、かな?)の違いだったんですね…。
実は、最近まで知りませんでした。
私が小さい頃はうさこちゃんだったなあ、とは思ってたんですが。
しかも本当の原作での名前は、ナインチェちゃんと言うらしい…。
…誰?って感じですが。
ミッフィーちゃんと言うのは、英訳での名前なんだそうです。

その後のお気に入りは
「よるくま」
よるくま
よるくま
posted with amazlet at 08.12.04
酒井 駒子
偕成社
売り上げランキング: 233

これもかわいいお話で、男の子のおうちに「よるくま」がやってくるお話。
最後は「おやすみ」と終わるので、寝かしつけ用の絵本だと思うんですが…。
たいがい日中に読んでいる気が(笑)。

その後はいろんな本が入れ替わり立ち代り、と言う感じでしたが
「11匹のねこ」「にじいろのさかな」とか。
ああ、「ぐるんぱのようちえん」も好きみたいだったなぁ。

そして最近のお気に入りはこれ。
「くまのがっこう」シリーズ
くまのがっこう (PICT.BOOK)
あいはら ひろゆき あだち なみ
ブロンズ新社
売り上げランキング: 6107

これは、飛行機の中でお借りして初めて読んだのですが…。
なんか、すっごく気に入ったらしく。
シリーズもののようだったので、他にどんな本があるのかな?と思いサイトを調べていたら、
のすけがPCモニターを見て「ジャッキー!」と主人公のくまの名前を連呼しだし…。
かなり気に入っているようです。
最近は、飛行機に乗ると必ずCAさんにくまのがっこうの本をお借りしています。
ぐりとぐらもあるんだけどね、JALの機内…。
どうやらジャッキーの方が好きらしい…。

母としては、できれば「特急(の本)、読みて!」よりは
こういった物語の本をより聞きたがってくれると嬉しいんですけど…。
今や割合は7:3くらいに…。
思うようにはいかないものです…。いいんだけどさ…。

そんなわけで、メモ代わりのブログでした。
読んでくださった方、いらしたらありがとうございました。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。