楽しゅうなるこそ…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

さくらさくら

うちの近所に小さな神社があります。
有名な神社でもないし、普段は人もほとんどいないような
小さな神社です。
でも本当に近所なので、のすけがプールに行くときなどに通りかかって、
「今日も上手に泳げますように!」となむなむしているくらい、身近なところ。
(ちなみにのすけは神社だろうがお寺だろうが、
手を合わせるときは「なむなむする!」と言います…)

最近ずっと雨が降っていたこともあり、気がつかなかったのですが。
ある日通りかかると。

変換 ~ CIMG9905
こんな桜が!しかも一本だけ。
(ちょっと光の加減でわかりづらいでしょうか…)

これって、いわゆる「黄色い桜」ってやつでは!?
先日ニュースの大阪の「造幣局通り抜け」で見たのと同じなのでは?
こんな近所にそんなのがあるとは…。

…もうここには4年も住んでるのに。初めて気がつきました。

似たような写真が多いのですが、何枚かのっけてみる。
変換 ~ CIMG9904

変換 ~ CIMG9906

変換 ~ CIMG9910
ほんのり、まんなかからピンクなのもかわいいな~。
ちょっと建物が写りこんじゃってますが、お気になさらないように。


で、気になってちょこっと調べてみたのですが。
黄色(もしくは緑)の桜として有名なものは、3種類。

・御衣黄(ギョイコウ)
・鬱金(ウコン)
・須磨浦普賢象(スマウラフゲンゾウ)


そのうち3つ目の「須磨浦普賢象」は新しい品種のよう。
1990年にもともとあった「普賢象」という桜から、枝変わりで生まれたとか。
発見されたのが神戸市の須磨浦公園だったことからこの名前がついたようです。

もともとの品種の特徴からすると、

・花弁が普通の八重桜より多い25~50枚ある(普通の八重は15~25らしい)
・めしべが象の鼻(もしくは牙と言う説もあるようでした)のように二本だけ長く伸びていること

などだそうです。
見た感じ、それは違いそう…。
そもそもそんな新しい品種がとくに桜の名所ってわけでもないこの神社に
しかも一本だけあるとも思えない。

というわけで、御衣黄か鬱金かどちらかだろうと思うのですが、
これがぜーんぜんどっちだかわかんない(笑)。

それぞれの特徴としては、

 鬱金:花の裏に気孔なし、花弁薄め
 御衣黄:花の裏に気孔がある、花弁厚め 

と、いうことらしいのですが、…そんなん言われたって、わかるかあ!!!(笑)
そもそも見た目じゃ気孔があるんだかないんだかわからないし、
花弁の厚い・薄いも、並べて触ってみないとわからないじゃん…。
もともと、別に花に詳しいわけじゃないし…。(むしろ無知)

ちなみに黄色度から行くと

須磨浦普賢象>鬱金>御衣黄
←黄         緑→ 
なんだそうです。でも結局比較対象がないとわからない…。

友だちがいうには、「御衣黄はもう少し時期が早かった気がするけど」だそうですが、
なにせ今年の気候。例年どおりに咲いているのかわからない…。
見た感じは、黄色と言うよりは緑っぽい気もするから御衣黄かなとも思うけど…。
けど、黄色と言われれば黄色い気も…あうう。

と、いうわけで、結局どちらだかわからないままだったのですが、
テレビで見た黄色い桜がこんなに近所にあったことにとても驚き、
またこの目で見られて、とても嬉しく思ったことでした。

ちなみにのすけはいくら言っても「桜じゃないよ、桜はピンクでしょ」と言い張り
お母さんてば何言ってんの…、くらいのリアクションをしていました(笑)。
意外と頭固いなあ(笑)。
でも、「綺麗なお花だねえ、葉っぱのお花だねえ」とも言ってたし、
綺麗だとは思ったみたいだから、ま、いいか。
(緑っぽいので葉っぱのように思ったみたいです)

よくわからない話でしたが、この辺で終わりにしたいと思います。
せっかく写真をとったし、自分なりに調べたので書きたかっただけです(笑)。
夏休みの自由研究かっ!という自己ツッコミをしつつ、終わります。
お付き合いいただいた方、いらしたとしたらありがとうございました。

スポンサーサイト

PageTop

のすけ初登園やら、「江」のことやら

今日からのすけが幼稚園に行きました…。

まぁ泣かないだろうとは思ったけど、バスにもニコニコ乗ってくれて一安心。
今日は年少さんだけの登園だから、きっと手厚くみてもらえると思うし
心配はいらないんでしょうけど…。

心配(笑)。

入園式のときもずーっと先生に抱っこされてたし…。
(泣いちゃったわけではなく、うろちょろするからです…)
こっそり喘息の発作起こしてて、吸入してから行く羽目になってるし…。
トイレにうまく行けなかったらどうしよう、とか…。

まぁ、言っても仕方がないことなんですけどね。

今日書こうと思ったことはこれではなく。
来年の大河ドラマの話。
「江」と言うことで、大好きな(…って言っていいのだろうか)浅井三姉妹の三女、
お江の方(お江与の方とも)が主人公。
のだめカンタービレの上野樹里ちゃんが演じるというのは知っていたのですが。
ついに淀殿と常高院お初の方のキャストが決まりましたね~。
宮沢りえと水川あさみですって!(おっと、呼び捨て失礼)

でもなあ、私、お初の方のほうが宮沢りえのイメージなんだよなあ…。
昔、春日局という大河ドラマでお初の方の子役時代をやってたから、ってだけですが。
かわいかったなあ。
そのあと姉と妹の嫁ぎ先にはさまれて、心を痛めつつもなんとかとりもとうとしつつ、
さらに、自分の婚家でもあり古い時代の名家である京極家も守り抜こうとした
賢い女性という私の勝手なイメージにぴったりだったんだけど。
(ちなみに、春日局ではりえちゃんから松原智恵子さんになりました。
それはそれでまぁ良かった気がする、あんまりおぼえてないけど)

まぁ、上野樹里ちゃんがお江だったら、年齢的にりえちゃんがお初は厳しいだろうけど(笑)。
水川あさみかあ…。
イメージ湧かないけど、楽しみといえば楽しみです。
とりあえずまったくタイプが違うけど、美人3姉妹であることには変わりないし。
(きれいな女の人が好きな私です…)

でも、私、1年見つづけられるのかな…。
最近、根気がないのか大河ドラマを続けてみることができないんですよねえ。
原作読んでて楽しみにしてた「篤姫」すら、途中でやめてしまったし…。
堺雅人が出てたのに…(え、そこ?)。

まぁ、どちらにしても見られたら見るって感じで(←適当)。
今のところは楽しみにしています。
…って、来年の話はまだ早すぎますね。

ところで、のすけくんですが無事に(?)帰ってきました~。
預かり保育の年長さんのお兄ちゃんに遊んでもらったらしく
「年長のお兄ちゃんは車作るのがとっても上手なんだよ!
いっぱい車のことを知ってるんだよ!」などと興奮してしゃべっていました。
トイレも失敗しなかったみたいだし、良かった…。
明日からも、楽しく行ってくれるといいな。

中身あるんだかないんだかわかりませんが、
お付き合いいただいた方いらしたとしたら、ありがとうございました。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。