楽しゅうなるこそ…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

関西舞台の読書傾向

先月の話なんですけど。

図書館に予約してた本が立て続けに来たので、
一生懸命(笑)読んでいたわけです。
一生懸命読んだっていうよりは、まぁせっかく来たし、次の人も待ってるし、
ざくざく読んだ、って感じですけど。

それが、なんだか知りませんが、やたら関西づいていて…。

万城目学「プリンセストヨトミ」
森見登美彦「宵山万華鏡」「恋文の技術」
高田郁「八朔の雪ーみおつくし料理帖」
築山桂「寺子屋若草物語 夕月夜」
あと、これは買ったんだけど、有川浩「阪急電車」

…まぁね、自分で予約しておいて「やたら」も何もないもんだってな感じですが、
でも、でもね。
これ、全然予約した時期が違うんですよ!
「プリンセストヨトミ」は、多分4月くらいだし、
「宵山万華鏡」は7月、「寺子屋若草物語 夕月夜」は10月、
「恋文の技術」と「八朔の雪」は1週間前。
それが、いっぺんに来るってどういうこと?って感じじゃないですか?
「阪急電車」は文庫化したので、買ってみました。

ちなみに、「プリンセストヨトミ」「寺子屋若草物語 夕月夜」は大阪、
「宵山万華鏡」「恋文の技術」は京都、
「八朔の雪」は、舞台は江戸ですが、
主人公のお澪ちゃんは大阪から江戸に来たと言うお話で、
「阪急電車」は兵庫です。

万城目学はこれで京都奈良大阪の三部作が終わったのかな。
神戸も書くのかな。
ちなみに京都「鴨川ホルモー」奈良「鹿男あをによし」も読みました。
どちらも話がどうこう、って言うよりも(失礼)、
風景が浮かんできたのがおもしろかったなあ。
行ったことがあるところだと、読んでて楽しいですね。
「プリンセストヨトミ」も、大阪城近辺が舞台だったので、
何年か前に行った「ちりとて弾丸ツアー」を思い出して楽しかったです。
これは映画化するそうですが、どうなんだろうか。
あまりに荒唐無稽だから、どんなことになっちゃうんだろうか。
まぁ、鹿男はドラマを先に見たせいか、ドラマのほうが好きだったので、
それはそれでいいのかもしれません。

「宵山万華鏡」は、今まで読んだ森見登美彦の中で一番好きかも。
流行ってるみたいだし、京都が舞台だと言うから読んでみよう、と思い
「夜は短し歩けよ乙女」を読んだものの、イマイチぴんと来ず…。
(タイトルは好きなんだけどな)
その話を友だちにしたところ、「有頂天家族」を薦められ、
ついでに「宵山万華鏡」と「恋文の技術」も予約したのです。
でもまあ、「夜は短し…」とリンクしてるところもあったから、
あっちも読んどいてよかったかもしれない。
これは、文庫化したら買いたいかも。

「恋文の技術」は、これは別の友だちが森見さんの中で一番すき、といってたので。
主人公の手紙だけで話が進んでいく形式。
とはいっても、宮本輝の「錦繍」のように書簡交換ではなく、
主人公側からのお手紙だけで進んでいきます。
これも結構おもしろかった。

「八朔の雪」はシリーズものの時代小説の1作目。
私、意外と時代小説も好きなんですよねえ(笑)。
お澪ちゃんがけなげで、しみじみしました。
出てくるお料理がおいしそうだし、
上方と江戸との料理の違いなんかも書いてあってなかなかおもしろいです。
また続きも読もうっと。

「寺子屋若草物語」は、これもシリーズ物の時代小説。3冊目です。
一昨年ハマっていたNHK土曜時代劇「浪速の華」の原作者築山桂さんの
別シリーズです。
これは大阪の下町が舞台。
こちらはちょっとミステリー仕立て。でもこれもしみじみする感じで、よかったです。

で、「阪急電車」。
これは、阪急今津線に乗り合わせた人たちから数珠繋ぎになっていく物語。
ひとつひとつは短編なんだけど、すべてがちょっとずつ繋がっています。
話としてはやたらと甘甘で、読んでて恥ずかしくなっちゃうところもあるのですが、
この繋がってる感じはすごくおもしろいなあ、と思い買っちゃいました。
以前図書館で借りたときに、直後に高知に行ったものですから
影響受けて日本酒「桂月」を飲んじゃいましたー。
…単純です。いや、おいしかったです。
これも映画化するらしいですね。
乗ってみたいな、阪急今津線。
まぁ、わざわざ行かないと乗る機会なさそうだけど…。

そんなわけで相変わらず、かるーい読書ばかりしている私なのでした。
でも、こんなに立て続けに関西がらみの小説ばかり読んだことがなかったので、
「…なぜ?」と思ったことでした。
そういう偶然ってあるんだなー。

ちなみに、今読んでいるのはなぜかいまさら「ハリーポッターと謎のプリンス」(笑)。
いや、以前「携帯版」を買って「不死鳥の騎士団」まで読んでいたのですが、
続きが出てたのについ最近気がついて。
ていうか、全部出てたんですねー。7巻目まで。
2年くらい出てなかったから、全然チェックしてなかった。
これは、図書館で借りようとすると4桁待ちだったので、
珍しく(笑)買って読んでいたのです。

…児童書だから、のすけも読むかなと思ってるんですが
のすけが読むようになるまでは、まだしばらくかかるでしょうね。
いわんやぷうたをや(笑)。
それを考えたら、ハードカバーで買うべきだったんでしょうかね…。
でも重たいし、高いんだもん。

さらにちなみに、次に読む予定なのは、「新選組血風録」司馬遼太郎です。
我ながら、なんなの、この読書傾向のばらばらさは(笑)。
いや、これは昔読んだのですけれど、
4月からNHKのBSでドラマをやるというので、
見るための予習…というか復習というか?のためです。
これまたファンである俳優の加藤虎ノ介さんが山崎烝役でご出演というので、
ぜひ見たいなーと。
実は大河ドラマの「新選組!」は途中で挫折してまして…。
(あれだけ堺雅人のファンだといっているのに、
おそらく出世作である「新選組!」も「篤姫」も挫折してる私…)
今回は、絶対見るぞ!と意気込んでおります。まだ先の話だけど…。

まぁその前に、ハリーポッターの7巻目を読まなくちゃね…。

そんなわけで、お付き合いいただいた方、ありがとうございました。

スポンサーサイト

PageTop

このままってのもなんなので。

いまさらですが、今年もよろしくお願いいたします!

年始早々、のすけ→私→ぷうたとインフルエンザにかかってしまいました。
いやあ、3ヶ月の子をインフルエンザにするなんて、
ほんとありえない母親です(泣)。
のすけと私は40度まで熱が上がり、ぷうたはそれでも38.5度だったのですが
つらかったです。

のすけは生まれて初めてタミフルをのみ。
私は生まれて初めてイナビルを吸い。
(粉吸って薬をのむの初めてでした…まぁイナビルって新薬らしいですけど)
ぷうたは生まれて初めて漢方薬をのみ。
みんなが生まれてはじめての、インフルエンザ。(私も含めて)

のすけは2日間、私は3日間、ぷうたは一日だけの発熱、と
年の順に軽かったのかもしれませんが
やはり自分が熱があるよりも、子どもが熱があると言うのはつらいものです。
その上、3ヶ月のぷうたに何かあったら、と思うと
本当にどうしようかと思っていました。

諸事情で相方にうつすわけにはいかなかったものですから、
熱があっても、自分で食事のことなどはやっていたので
(お買い物とお洗濯などはしてもらいましたが)
おうちのなかがしっちゃかめっちゃかでした…。
改めて、健康の大切さをかみ締めています。

きっと、これで厄が落ちたんだ。
うん、そうに違いない。

と、言うわけで、今はみんな元気です。
皆様も、くれぐれも、インフルエンザなどにお気をつけください…。
手洗いうがい、しっかりしてても、うつるときはうつるみたいです…。
うち、外から帰ってきたら、必ずやってるのにかかりましたから…。

と、言いつつ、やっとちまちまと、お正月に録画したものを見始めています。
お正月は、京都の特集などを再放送してくれるからいいですよね~。
去年かおととしに見たハイビジョン特集の桂離宮とか、
最近テレビを変えて、やっとハイビジョンで見られるようになった私には
「おお、ナイスタイミングな再放送!」って感じでしたし。
何年か前の京都のお庭特集も再放送してくれないかなあ。
もう一回、大きなテレビで見たいなあ…。DVDにはしてあるけど。

で、やっと見た「江」です。
浅井三姉妹ファン(また始まった…)にとっては、まぁ見るしかあるまい、な今年の大河。
今回はほとんど両親、お市の方と長政のお話でしたけど。

お市の方の輿入れのシーンは、
独眼竜政宗の初回を思い出しました。
国境まで来て、引き渡される花嫁。嫁入り先では嫁を信用できず大騒ぎ。みたいなところが。
まぁ、独眼竜の義姫はおとなしくお輿になんてのってなかったですけど~。
確かいのししかなんか追いかけて、馬に乗って矢で射ちゃうけど~。
お互いに打ち解けるところも、あんなにしっとりした感じではなくて
そうとう豪快だったけど~。
でも、20年以上前のドラマのシーンが、ぱっと思い出されました。

なにせお市の方も含め、浅井三姉妹に関しては、
小学生のときからのファンですから、年季入ってます(笑)。
やはり勝手な思い入れが強い分、いろいろと思うところはありましたが、
多分、一年見そうな気がします。
とはいうものの、原作が好きで、さらに役者さんも好きな人が多かった
「篤姫」ですら挫折してるから、自信ないけど…。

ちなみに一番気になったのは…万福丸のまの字も出てこなかった(よね?)こと。
六角氏の子女の子ども、って言う設定にするつもりなのかな。
まぁこれも諸説あるからいいんだけど、
お市の方の子にしといたほうが、話がわかりいい気もするんだけどなあ。

あと、お初の方のキャラに関しては、徐々に私が慣れていこうと思います…。
所詮、私が持ってるイメージも私の勝手なイメージ…。

それと、別な意味で気になったのは、将軍足利義昭。
和泉元弥が、賢い執権から馬鹿将軍になった~…と思ってしまいました(笑)。
多分私だけじゃないと思う…。

龍馬伝は最初4話で挫折して、そのあと7月から再び見始めた経緯がありますから、
できれば今回は毎回見たいなあ、と思っています。

来年の清盛も楽しみだな。
平安時代大好きーーーーー。脚本もすごく楽しみだし。

いや、来年のことはさておき、今年は、大河を見続けたいと思っています。
あれ、これって今年の目標?(笑)
ちっさ(笑)。
いえいえ、もう少し、何か他もあります、よ。一応。

ここまでお付き合いいただいた方、本当にありがとうございました。
本年もよろしくお願いいたします。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。