楽しゅうなるこそ…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

2年ぶりの狂言!

久々に狂言!なんと2年ぶり。楽しかったです
あいかわらず、大蔵流茂山千五郎家。

今回は、ちゃーんと能楽堂だったので雰囲気も楽しかったし。
(いや、ホールの狂言もおもしろいですけどね)
脇正面の一列目の一番端、というなかなかマニアック(笑)な席だったんですけど、
それがまたよかった!!!
あの位置、いいなあ…。正面の一番後ろよりよかったわ~、と思います、多分。

チケット取る段階で、正面の一番後ろ(真ん中あたり)と、
脇正面一列目の一番端とどちらがいいですか?と聞かれ。
もともと脇正面も結構好きなので、迷うことなくそちらにしたのですが。
自分的には正解でした。

ちなみに。能楽堂の席はこんな感じになっています。
見所

もちろん、正面席が一番見やすいです。
でも実は脇正面もおもしろい。
真横から見ることになるので全然違う所作が見えたりするんです。
橋掛かりに近い席だと、役者の勢いが伝わってきてそれもおもしろいし。
「やるまいぞ~」で終わる曲だといっそうおもしろいかも(笑)。
何度か見てる曲だったら、脇正面はすごくいいと思います。
で、中正面。ななめから見るので、舞台全体が見渡せておもしろい。
おもしろいんですが…目付柱に邪魔される場合が多いので、
この席が一番お安くなってることが多いです。
まあ、普及公演だったので、全席2000円でしたけど。

今回、脇正面だったのにもかかわらず、中正面よりの端だったので
柱に邪魔されずに、舞台全体をななめから見ることができました。
すごくおもしろかった。

番組は、「縄綯」と「蝸牛」。
「縄綯」:シテ(太郎冠者)茂山七五三 アド(主人)佐々木千吉 アド(某)松本薫
「蝸牛」:シテ(山伏)茂山茂 アド(主人)鈴木実 アド(太郎冠者)松本薫

「縄綯」の主人公(シテ)は、博奕好きの主人につかえる太郎冠者。
主人が大負けしたため、太郎冠者は借金のかたとして売られてしまいます。
知らされることなく、何某方へ使いに出され、真実を知った太郎冠者は、
つむじを曲げ、全く仕事をしようとしません。
もてあました何某は、主人に太郎冠者を返すからお金を払えといいます。
困った主人は、いったん冠者を返してくれたら、扱い方を見せてやる、といいます。
大喜びで帰宅した太郎冠者は、主人に命じられるまま縄を綯いながら、
何某宅の悪口雑言を…。
それを陰で聞いていた何某に「やるまいぞ~」される、というお話。

「蝸牛」は取り違えもの。主人から蝸牛を取ってこいといわれた太郎冠者。
その特徴「藪にいて、頭は黒く、腰には貝を背負い、角を出す」
ということを聴き、探しに出るのですが、本人かたつむりを知りません。
で、同じような特徴をもつ(?)藪で昼寝していた山伏に出会い、うっかりと騙される…。
山伏は、太郎冠者を騙して「囃し立ててくれたら、それにのってついてってやる」といいます。
二人で踊り狂っているところに主人がやってきて、
「騙されてるぞ!」と呆れたり叱ったりするのですが、太郎冠者はやめない。
結局はなぜか釣られてしまった主人も含めて三人で浮かれて、
囃しながら退場していって終わり、というまあナンセンスなお話。

「縄綯」は話芸が見みどころ。
太郎冠者が縄を綯いながら主人に何某家で起きた出来事を
かたって聞かせるところが、まーひどいこと言ってるんですがおもしろいです。
おおっ、上下切って落語みたいだあ!とニワカ落語聞きは思いました。
前にこの曲を見たときはそんなこと思いもつかなかったです。
ちょっとカシコクなったかしら(笑)。

「蝸牛」はやっぱり囃しもので踊るところがおもしろいと思います。
「雨も風も吹かぬに出ざかま打ち割ろう~」と太郎冠者が囃すと
「でんでんむーしむし~でんでんむーしむし~」と山伏が踊る。
…でんでんむしむし、って
最近は、NHK「にほんごであそぼ」で野村萬斎師がやってるので、
けっこう有名かもしれません。
ちなみに、大蔵流と和泉流では留めが違うらしい…。知らなかった。

どちらもわかりやすく、単純に楽しめる曲。
普及公演だからあえてわかりやすい曲なんでしょうけど。
これで2000円はかなりお得!
附祝言がないのは、残念だったけど…。
でも、また行こう~と思いました。
次は7月!チケット取れるといいけど。
7月は底抜けにーさんが出るから…混むかもしれん

ほんとは、夏の薪能も行きたいけど…夜だから無理だろうな…。
千作師の舞台も久しぶりに見てみたい、今日この頃です。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。