FC2ブログ
 

楽しゅうなるこそ…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ひさびさに。

ブログも久々です…。

先日、10日ほど実家に帰っていました。
お正月に帰らなかったので、まあ、その代わりと言うか。
だって、実家寒いんですもん(笑)。
のすけが風邪引くと困るし、ということで
少し暖かくなってきた3月に帰ることにしたのです。

で、久しぶりに高校時代の友だちと会って話をしました。
のすけを母に預け、久しぶりに一人!!!
ファミレスでしゃべってただけだけど、楽しかったです。

本やドラマのこととか…紅茶のこと…音楽、フィギュアスケートの話…
内容といったら、とりとめもなく。

その友だちは、高校時代からの友だちですが、
実は高校時代はそこまで仲がよかったわけではなかったのです。
いや、同じグループの一人、というか…。そんな感じ。
なぜか大学に入ってからよく話をするようになった人です。
私は東京の大学。彼女は隣接する県の大学。
筆まめな彼女からのお手紙がきっかけで、より彼女を知ったと言うか。
住んでいたところだってたいして近くもなかったのに、
お互いに泊まりに行ったりして話をしたものでした。
卒業して、彼女は1年東京にいたあと地元に帰ってしまったけど、
私が帰省すると必ず会ってくれる友人です。

とりとめもない話ばかりだったけど、すごく楽しかったです。
趣味もすごく合う友だちなんだけど、
ビミョーにずれているのでそれがまたおもしろい。
「最近これがおもしろかったんだ~」と言うと
「ああ、あれね!私も好きだ~」と話が通じたりする。
でも、私が知らない作家さんのオススメを教えてくれたりするし、
なんちゃってフィギュアスケート見になったのは
彼女のレクチャーのおかげだったりする。
逆に私は今回落語の話が多かったので(笑)、彼女はCDを聞いてみるといっていたし。

こういう友だちって、いいなあ。
久々に、しみじみ思ったのでした。

気がつけば4時間しゃべりっぱなし!
慌ててうちに帰ると、のすけはすっかりおばあちゃん子に…。
母がリビングから出て行くと、私にぺこりと一礼をして、
母を追っていってしまいました(笑)。
一応私に気を遣って一礼してくれたのかい…?
「お母さん、悪いけどぼくはおばあちゃんのところへ行ってきます。(ぺこり)」
ってこと?

こんな時間をくれた、友だちと、母・のすけに感謝感謝、でした。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

よかったですね

育児に慌しい毎日に、エア・ポケットのようなお友達との歓談。
さぞ、ちひろさんも楽しかったことだろうと思います。

話の合う友達がいるというのは、本当にうれしいものです。
趣味の対象が違っても、感じ方が似ていると、どんな話題になっても盛り上がるし。
仕事を介しての付き合いでは味わえないのが、学校時代の友達との交歓ですね。
僕なんか、もうほとんど学校時代の友人との付き合いは途絶えています。
うらやましいなあ。

それにしても、4時間しゃべりっぱなしですか?
僕らはふつうお酒を飲みながら話すので、酔って時間の感覚を失うので、気がつけば何時間も経っていた…ということがよくありますが、「しらふ」で4時間というのは、よほど話に熱が入ったのでしょう。

4時間でおばあちゃん子に変身したのすけクンの「対応」も見事でした。
お母さんも喜んでおられたことでしょう。
何もかも、よかったね~。

のん | URL | 2008/04/10 (Thu) 20:54 [編集]


ありがとうございます。

のんさん、いらっしゃいませ。

もちろん、素面でしゃべりっぱなしですよ~。
女子はいくつになってもできてしまうのです(笑)。
けど、久々だったので本当に楽しく、
あんなにとりとめもない話だったのに
とても充実した時間のように感じられたことでした。

のすけはマイペースなので、そういう意味ではありがたいです。
母も「ずっとぺったりくっついていたのよ~」なんて
嬉しそうでしたし。ありがたいことです。

4月末はパリに行かれるんですよね?
ボワシエールさんのところで拝見しました。
楽しんでらしてください!
入れ替わりなのがとても残念ですが、大阪に伺います。
「のんさんの街だなあ」と思いながら、ミーハー満喫してくるつもりです。

またどうぞお越しください!
ありがとうございました。

☆のんさんへ(ちひろ) | URL | 2008/04/11 (Fri) 18:28 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。