楽しゅうなるこそ…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

弾丸ツアー大阪編その1

気がつけば、はや5月も半ば過ぎ…。
早いです…。何もしてないような気が…。がんばろ。

ところで先月、大阪&小浜へ行って参りました!
そう名づけて「ちりとて弾丸ツアー」(笑)。
どれだけ弾丸かと言うと、基本1泊2日状態だったから…。
かーなーりー、駆け足ハードスケジュールでしたが、
ピンポイントで楽しむことはできたと思います。
まぁ、いつか補足はおこなうとして(笑)、今回は充分満喫できました。

で、そもそもなんでそんなことになったかと言いますと。
GWに車で実家に帰ることになったんですが、
せっかくだからどこか別のところにも行こうと言うことになり。
金沢の親戚の家に行こうか、と言うことになったわけです。
で、私が薄ぼんやりと何も考えず
「金沢か~。同じ北陸だけど小浜は遠いねえ~」と言ったところ、
そもそも「いつか大阪・小浜に連れて行ってあげるね」と言っていたうちの相方が
「あ、そうだね。じゃあ行こうか」とかる~くのたまい、急遽行くことになったわけです。
あまり理由になってませんね(笑)。

そんなわけで。大阪編その1。
あ、ちなみに途中で関西弁が出てきますが、嘘っぽいです…。
ネイティブの方、ご不快だったら直しますんでご指摘ください…。
それから、たいした写真はありませんが
基本的にはクリックしていただくと少し大きめの写真が出てきます。
(除・携帯で撮ったもの)

さて。夜中に家を出まして。高速で一路大阪を目指します。
もちろん運転するのは相方だけ(笑)。
のすけは慣れているので、車の中でぐーすか。
あたしが京都を素通りするなんてありえないよね~!
ちりとて、おそるべしだわ。などと
京都南インターあたりを通りながら、バカなことを言っていた私。

などと言っているうちに。
大阪市内に着いたのは、だいたい9時半くらいでした。
ホテルの駐車場に車をとめ、一休み。
(いいホテルでした…うちにしては珍しく・笑)
そのままホテルのバスで淀屋橋へ向かいます。

淀屋橋からはおけいはんで有名な(?)京阪電車にて、天満橋まで。
途中で知らないおばさんたちがのすけを構ってくださったり。
ぷにぷにとほっぺをつつかれ、のすけはにこにこ。
「まぁ~色の白い子ぉやなあ」ぷに。にっこり。
「あっらぁ、あいそのええ子やぁ」ぷにぷに。にっこにこ。
「ママ、大事に育ててなぁ~」ぷにぷにぷに。ばいばーい。(手を振る)
おおっ!関西弁だぁ!!!そして、おばさんがフレンドリー!
私の勝手なイメージどおりです。
それだけで、「ああ大阪だ~」気分を満喫。(←単純)

天満橋で降り、のんさんが出張で~っておっしゃってたっけ?などと考えたりしながら、
大阪府庁やらいろいろある官庁街を歩きます。
そのまま大阪城のお堀端をお散歩。
いいお天気で、のすけもご機嫌!
080425_1057~0001

携帯でとった写真なので、画質よくないですね…。
ちなみに、大阪城は修学旅行で来ました!なので、今回は見るだけ。

そして目指すは、憧れの(!)BKことNHK大阪放送局です!
何年か前にお引越しをしたようで、
馬場町角(=BK?なぁんて…米朝師匠がおっしゃってましたが)ではなく、今は谷町に。

CIMG8504.jpg

とっても綺麗なかっこいいビルです。びっくりした。
ちなみに、東京放送局はAKです。どうでもいいですね…。

ちょうど11時過ぎについたので、
関西ローカル番組「ぐるっと関西おひるまえ」の公開生放送直前。
実は知ってた。リサーチ済みだもん(笑)。
今日は曜日的に桂よね吉さん(ちりとてちんにもご出演でした)が司会のはず。
ミーハーな私としては、ちらっとでもいいのでよね吉さんを見てみたい!
(…ひどい言いかたしてすみません…)
WEBでしか見たことないけど、担当女子アナさんも見たいし。

CIMG8506.jpg


↑これ。
と言うわけで、ガラス戸の外から見学しようと思っていました。
もちろん、スタジオの中に入っての見学もできますが、
のすけもいることですし、お騒がせしたら申し訳ないので。
でも始まる前ならいいよね~と、ちらちら中を覗いたりしていたところ…。
スタッフの方がやってきて。

ス「あ、見学ですか!どうぞどうぞ中へ!一番前へ!」
私「え…?あ、でも、子どもがいるんで…ここでいいんですが…」
ス「いやいやいや、お嫌でなければどうぞどうぞ!」

てか、AKのスタジオパーク収録は子どもはだめでしたが…?
い、いいの?
ス「出入り自由ですから、大変なようでしたら途中で出ていただいてもいいですし!」
そ、そうなの?ちょっと心動くなあ…。それは…。
私「でも、ベビーカーですし…お邪魔ですよね…?」
ス「大丈夫です、スペースあけますから!」

ほんとにスペースあけてくれました…。あ、ありがとうございます…。

びっくりした。あまりにもフレンドリーで。
そんなわけで、うっかり一番前で見学。
いや、さすがにまだあいてたからですけどね、横入りとかしたわけじゃないんですよ。
途中でぐずっちゃったので、結局外に出ましたが…。
そして出た直後に、寝たのすけ。眠くてぐずってたらしい…。

番組自体は関西ローカルの番組なので、
実際に見たことはなかったのですが、地元密着って感じでおもしろかったです。
よね吉さんもおもしろかったし、
WEBで見た写真よりもべっぴんさんだった添田アナが、
のすけにちょっとかまってくださったりして。
私ってば、すっかり添田アナのファン。
そして、テーマ曲が槇原さんだった!(追記:槇原敬之さんのコト)
高校時代、槇原さんのファンだった私としては、なんだかうれしい。
そういや、高槻出身だ。地元ってことなのかなぁ…。
いい番組だ~、うちの方でもやってくれたらいいのに、
と無茶なことを考えたりしてみました。

放送終了後に、女性スタッフの方が寄ってきてくださって
「もしよかったら、セットで写真とりましょうか?」
と言ってくださいました。
お言葉に甘え、セットのソファに座らせていただき、記念撮影。

これが関東との違いなのかなぁと興味深かったのは、そのスタッフの方が
「生放送だったから、気にしないでよかったんですよ~。
むしろ大泣きしてくれたらアップで映せて、おいしかったんです」
と、おっしゃったこと。
いや、生放送だからむしろ気にしたんですが…。
そ、そういうもんなのか…。
そう言えば、放送中にぐずっちゃって必死であやそうとしていた時も
「お母さん、生放送ですからあんまり気にしないで大丈夫ですよ」
って言って下さったっけ…。
そのときはちょっと意味がわからなかったんだけど、
そういうことだったのか…。

そういや、他の観客さんも放送中にもかかわらず
「子どもには、つまらんわなあ。でもママが見たいんやて~、
せっかく来たんやし、もう少し我慢してあげてな~」
とか、あやしてくださったりもして…。
それが申し訳なくて、結局出ちゃったんだけど。
なんとなく、そこらへんが大阪らしいのかな、と興味深かったです。

放送が終わったあとはBKプラザへ。
DSCN1573.jpg


せっかく「おかあさんといっしょ」のグ~チョコランタンと一緒に
写真を撮れるチャンスだと言うのに…まだ寝てるのすけ。
ちなみにのすけはスプーがすき。(黄色いキャラクターです)
DSCN1576.jpg

しょうがないので、私が記念撮影(笑)。
けど、ほんとはのすけは「いないいないばぁっ」の
うーたんとわんわんのほうが好きなので、いいや(笑)。

で、上の階へも上がりまして…。
すみません、徒然亭一門等身大パネルとやらとも記念撮影しました…
…とことん馬鹿です。
でも恥ずかしいので、その写真は載せない(笑)。

DSCN1569.jpg

おお!これは!花岡写真館と徳永医院じゃないか!
「芋たこなんきん」も大好きで見ていたので、かなり嬉しい。
鈴木杏樹さんの凛としたおかあちゃんが大好きでした…。
カモカのおっちゃんもよかったし、もちろん町子さんもよかった。
ていうか、そもそも田辺聖子さんが好きなんですもん、私…。
こっそり「風のハルカ」の小学校の札もありますね…。

ライブラリーもあり、いろいろ見たり聴いたりもできるスペースがありました。
さすがNHKで、さまざまなものが揃っていました。が。
見たいけど…。のすけが寝てるので、無理だなあ…。
いや、起きてても無理か…。まぁまた今度。

DSCN1570.jpg

窓からの景色。9階なので、なかなかいい眺めです。
てか、緑の公園みたいな部分って難波宮跡らしい…。
ってことは難波長柄豊碕宮ってこと!?
大化の改新後に遷都した、あの!?
そーかあ!なんばってくらいだもんねええ、大阪だよねえ、大阪だったのかあ…と、
当たり前のことに、今頃気がつく私。
やはりただ単に文字だけで知識を入れるってのは、よくないな…。
と、自分の無知を棚にあげ、一瞬学校教育に懐疑的になってみたりしました。
…聞くところによりますと、BKのお隣の歴史博物館では
地下遺跡の見学ができるとか…。
う、行きたい。
しかし、今回は時間の都合上泣く泣く断念…。
いや、大阪はきっとまた来るはず。絶対見に来る。
と、かたく心に誓ったのでした。

そして、BKを後にして、お昼ご飯を食べるべく新世界を目指すのでした…。
ちなみにのすけは寝たままです…。

なんだか妙に長くなったので、続きはまた今度にします。
おかしいな、なんでこんなに長くなったんだろう…。
お付き合いいただいた方、ありがとうございました。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

すごーい

充実した大阪観光でしたね。のんさんのフランス旅行レポートに負けず劣らず、見所満載です。

私、十数年前に大阪で3年ほど暮らしたことがあったのですが、ちひろさんの記事を読んで、ぜんぜん観光してなかったことに気がつきました。(さすがに大阪城と通天閣には行ったことありますが)

仕事で行っていたので、土日は泥のように眠っているうちに終わり、遊びと言えば、飲んでカラオケというおやじのような生活でした。。。

大阪の人たちって、すごくフレンドリーですよね。おかげで、私はすごく楽しく大阪で過ごしました。すっかりなじんだおかげで、大阪に住んでいた当時は「関西出身?」と聞かれるほどでした。

ボワシエール | URL | 2008/05/23 (Fri) 19:45 [編集]


いらっしゃいませ!

ボワシエールさん、大阪にもいらっしゃったんですね!
すごいなあ。
私は親は地方公務員で県外に転勤とかなかったし、
自分も首都圏にしか勤務しないような会社にいたので
あまりいろんなところに住んでいたことがないのです。

飲んでカラオケ、好きですけど(笑)。
今やそんな機会もほとんどありませんが…。

ほんとに、フレンドリーだし、よくしてくださるのでびっくりしました。
だって、ちょっとすれ違っただけの観光客なのに。
とても楽しい旅行でした。

のんさんのフランスには負けますが、
少しずつ、続きも書きたいと思っています。
よろしかったら、またお付き合いください!

☆ボワシエールさんへ(ちひろ) | URL | 2008/05/23 (Fri) 22:03 [編集]


NoTitle

NHK大阪放送局は、新築されてからは一度行っただけですが、楽しいでしょ。
僕も「ぐるっと関西…」の生放送のとき、どうしようかと迷った末、結局、途中で出たりしてはいけないと思い、ガラスの外で眺めるだけでした。別に出てもかまわなかったのですね~

生放送だから、のすけクンが騒いだらヤバイ…と思ったちひろさん。
生放送だから、微笑ましいハプニングがほしい…と思ったテレビ局。
なかなか面白いですね~。
僕なんかは、生放送でスタジオに入ると息を潜めなければ、と思ってました。
さすがにテレビ局はウラのウラまで計算しているんですね(感心!)。

でも、まぁ、大阪の人たちのフレンドリーな部分に触れてよかったですね。
大阪の人でも、ジロッと見て、見ぬふりをするという無愛想な人も多いですよ。

BKプラザも楽しいですよね。
僕はライブラリーで、桂春団治の「皿屋敷」を久しぶりに堪能しました。
あ、これ、いつか言いましたね。

大阪は、京都に押されて名所旧跡の影が薄いわけですが、歴史的には京都以上にさまざまなものがあります。ただ、京都のように、今の街並みの中にそれらがたっぷり刻み込まれている…という部分が乏しいので、大阪のほうが損しています(笑)。

大阪の街も、歩くといろいろ面白いところがあって楽しいですよ。
上方落語が好きであれば、その舞台となったところを歩く、という具合に。

大阪城の周辺、上町台地と呼ばれる一帯は特に見どころが多いですね。
ちひろさんがご覧になった難波宮は大化の改新の645年から造営されたのですから、
おっしゃるとおり、正式名称は難波長柄豊碕宮です。

ぜひまた、大阪の街を歩きに来てください。
そのころは、のすけクンも力強く歩いていることでしょう。

次は新世界ですね。
楽しみにしています。

のん | URL | 2008/05/28 (Wed) 22:02 [編集]


ありがとうございます。

のんさん、いらっしゃいませ!
昨夜「あーのんさんがコメントくださってる!」と思ったんですが、
その2の記事をアップし終わったところで、のすけが目を覚まして泣き出し(笑)
寝かしつけてたら一緒に寝てしまいまして、
お返事が遅くなりました。すみません。

あたりまえのことなんですが、やはり大阪の方だっていろいろいらっしゃいますよね。
「生放送」の考え方の違いは、東京大阪の違いではなくて
全国ネット番組とローカル番組の違いなのかもしれないし。
でも、とてもフレンドリーにしていただいて、本当に楽しかったです。

そうそう、春団治の「皿屋敷」のことを以前教えていただいたので
ライブラリーもちょっと気になったんですが、
眠ったのすけを抱いたまま、あの椅子に座るのもどうだろう、と憚られ…。
結局聞かずじまいでした。

大阪の名所旧跡のことですが、ほんとに全然知らないんだなあ私、と
改めて思いました。
でも、京都とは全く違った感じで街の中に突然現れるので
すごくおもしろいな、と思いました。
その2に書きましたけど、あんな街の中を普通に歩いてて
突然「真田幸村」の文字を見るとは思ってないですもん(笑)。
もっともっとゆっくり歩いてみたいものです。
落語ももっと聞いて、「おお、これが!」と思えるようになりたいです。

コメントありがとうございました!嬉しかったです。

☆のんさんへ(ちひろ) | URL | 2008/05/29 (Thu) 11:44 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。