楽しゅうなるこそ…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

弾丸ツアー大阪編その3

弾丸ツアー大阪編その3、です。
とりあえず、大阪編は今回でおしまいになります。
長々と書いてしまいましたが…。

さて。
再び地下鉄谷町線に乗り、大阪天満宮をめざします。
相方から「天満宮って駅があるから!」と聞いていた私。

…ないじゃん。天満宮、って駅。

乗ってから一瞬焦るあほな私…。
待てよ、BKの近くだ。
ってことは、谷町4丁目の方に戻るので間違いはない。
問題は1つ先の駅か、それとも2つ先の駅なのかということだ…。

ここでちょっとした疑問が生じるかと思います。
ガイドブックを持っていないのか?と。

そう。
私、旅行する時ガイドブックもって歩かないタイプなんです(笑)。
今回の場合は相方が持ってたから、ってのもありますが…。
とりあえず、地図は持っていたので、
なんとか「南森町」で降りればいいということがわかり…。
しかも、大阪天満宮駅にすぐ乗り換えできるということもわかり…。
同じ駅名にしてくれればいいのに…と、ちょっと思ってみたり。(←勝手)

で、大阪天満宮へ向かいます。
ここは、ちりとてちんのロケで使われました。
しかも、上方落語定席である天満天神繁盛亭も、もちろんすぐそばに!
ちりとて好きとしては外せません。

繁盛亭の前に来ました!

CIMG8550.jpg

おお、これが繁盛亭か~。思ったより小さいなぁ~(笑)。
などと思っていると、口に出したわけでもなかったのに
近くにいらしたおばあさんが寄ってらして一言。
「小さいなあ…そう思わん?」
…口に出したんだろうか、私。と思うくらいのタイミングでした。

でもなんだか華やかで、いい感じ!
とりあえず、ぱちり。
昼席の時間にきたので閉まっておりましたが…。

2006年9月15日に開席と言うことで、実はとても新しいんですね。
どおりで綺麗なはずだ。
なんと、のすけと同い年!!!(笑)
お誕生日も1週間違い。
運命を感じ…るわけじゃありませんが、繁盛亭開席何周年か絶対忘れないな、
と思いました(笑)。

CIMG8549.jpg

なぜか初代春團治師匠の…これ、なんて言うんでしょう?
顔のぞかせて記念撮影するやつ…。が、ありました。
する人いるのかな?

話はそれますが、以前韓国の南怡島(남이섬)という
冬ソナのロケで使われた島に行ったことがあるのですが、
そこにもありました、こういうの。
チュンサンとユジンが抱きあってるやつで、
それぞれの顔が抜けてるのがひとつずつ(笑)。
両方あるところが笑えるなーと思ったことを、全然関係ないのに思い出しました。

ほんとは昼席見たいなーと思ったりもしたし、
夜席…気になるなあ、とも思ったんですが
さすがにのすけを置いて私が見に行くわけにもいかないので、
今回は外から見るだけ。
いつか、聞きに来たいものです。

で。大阪天満宮。

CIMG8551.jpg

繁盛亭側の入り口なので、裏、にあたるんだと思いますが…。
こっちから入っちゃった。
ちなみに、繁盛亭の土地はなんと天神さんが無料で提供してるんだとか。
なんか、文化同士の交流と言うか、いや、神様と娯楽では全然違うんだけど、
全く違う文化が支えている、と言うのがすごく素敵な話だなと思いました。
うまく言えないんですけどね。感動したんです。
お寺と落語は縁が深い、ってよく言いますけど
神社ともご縁があるんですね。
(神社って言うと能楽とか相撲って感じだけど…)

日本三天神のひとつ、なんだそうです。
思ったより…こじんまりしてました。
なんとなく北野天満宮のようなのを想像していたので。
でも、きっと地元の人に愛されてるんだろうな、と言う感じがしました。
四天王寺でも思ったんですけど。

で、中に入ったらですね。
雅楽の演奏をされてました!
おお、こんな機会はなかなかない!ラッキーかも。

CIMG8552.jpg

すごい、関西の神社ってこういうことしょっちゅうやってるのかな、
よく奉納舞とか見るって聞いたことあるし…と思ったんですが、
当日は「鎮花祭」というお祭りの日だったようなのです。
…調べないで行ってしまった…なんてこと。

続いて、舞楽。

CIMG8553.jpg

鎮花祭は、平安時代からある祭事で
桜の散るころから初夏にかけての疫病が流行する季節に、
疫病霊を鎮めるためにおこなわれるお祭りだそうです。
…京都の今宮神社のやすらい祭なんかもきっとその流れなんだろうなあ…、
と、説明書きを読んでぼんやりと思ったりしました。
むむ、やはり知識だけではなくこうやって実際にあたったほうが
いろいろ身につくなあ…。
相変わらず、役には立ちませんけども(笑)。

のすけは、嫌がるかと思いきや、すらあ~っとした顔で聞いていました。
ときどき音が途切れたりすると勝手に拍手をしたりして。
…単に調子がいいだけかもしれません。

が、徐々にもにょもにょし始めたので、境内をお散歩することに。

CIMG8558.jpg

こちらが表側ですね。表門(大門)です。
ここも、出てきたなあ~。
この前を草々と喜代美が歩いてたーとか思いながら、ぱちり。

CIMG8560.jpg

このあたりは本殿の脇あたり。
天保14(1843)年に再建された物だそうです。
何度か火災にあっているそうですが(記録に残っているだけで、江戸時代に七度)
天保8(1837)年に全焼したものを、6年後に再建したんだとか。
その天保8年の火災と言うのが、大塩平八郎の乱だそうです。
大塩平八郎!!!…そういや、大坂町奉行所与力だ!
…どうも、受験日本史に翻弄されている旅だなあ、と思いつつ(笑)。

CIMG8559.jpg

梅の紋が、とてもかわいらしいです。

DSCN1625.jpg

これは登龍門。
初天神のときは、開くんだそうですね。
通り抜けできたら成功間違いなし!って感じがします。
初天神と鷽替え神事って同じときにやるんですよね。
有吉佐和子の「出雲阿国」で読んで以来、
鷽替え神事にもかなり心惹かれているのです。
(まぁ実際には阿国の時代より、200年も後に始まった行事らしいですが…)

ウソを誠に変えてもらったうえに、登龍門も通れるなんて!
一度お祭りに参加して、ご利益にあやかってみたいです(笑)。

CIMG8561.jpg

白米稲荷の鳥居。
ここを抜けると草若邸なんだ…。
とても幻想的な、素敵なシーンで使われていたのです。
テレビで見ていたのと、かなり印象が違ったので、
ここをああいうふうに使おうと思った人は
大阪天満宮にとても親しみを感じて大事に思っているんだろうな、と思いました。

とか言ってるうちに、のすけは寝ました(笑)。
考えたら、BKから夕陽ヶ丘までの間しか寝てないもんね…。
通りでぐずるはずだ…。

そんなわけで、新世界からずっと歩きとおしだった私は
せっかくのすけが寝たので、ゆっくりお茶でもして休みたい!!!と思いました。
ちょうど相方も天満宮にきたので、繁盛亭のお隣、天満茶寮でお茶をすることに。

DSCN1623.jpg

ベビーカーでもいいですか?と伺ったら快く通してくださいました。
助かった~。

お店の中はとても落ち着ける雰囲気でした。好きな感じです。
繁盛亭の機関紙みたいなのも置いてあって、ゆっくり読みました。
のすけが起きてたら入れないなぁ、騒いじゃったら申し訳ないもん(笑)。

帰ってきてから知ったのですが、
壁に綺麗にディスプレイされていたコーヒーカップは
師匠方のマイカップなんだそうです!名前もちゃんと書いてあったらしい…。
さすが、お隣。

DSCN1619.jpg

ゆっくりお茶もできましたし、おやつも食べて元気になりました!
考えてみたら、五重塔をのぼってからほとんど休んでないんだってば…(笑)。

で、その後は天神橋筋商店街を歩きます。
ロケがあったのは一丁目あたりだったようなんですが、
私たちが歩いたのは二丁目から四丁目あたりまで。

DSCN1626.jpg

ながーい商店街には安いのにおいしそうなものがたくさん!
一銭焼やらビフカツやらたこ焼きやら…いろんなものを食べていたら
ほとんど夕食になってしまいました(笑)。
まぁ、のすけだけはそういうわけにもいかなかったんで、
別に食べさせてましたけども…。

たこ焼き食べてる間に目を覚ましてぐずぐず言ってたのすけに、
たこやきやのおばさんが「あめチャン」をくれました。
おもちゃにしてご機嫌よく遊ぶのすけ。

そんなものばかり食べていたので、のどが渇いたため、
途中でわしたショップと言う沖縄物産店に入り、さんぴん茶を購入(笑)。
DSCN1636.jpg

大阪と沖縄のコラボかあ~最高だね~という私に
「まぁちひろにとってはそうだろうねぇ」と気のない返事の相方。
まぁ、仕方ないか(笑)。いいかげん呆れられてもあまり文句は言えません。

商店街に下がっていた、大きなお箸!
DSCN1631.jpg

これはレプリカなんですが、ドラマでのご縁で
巨大若狭塗り箸が送られたんだそうです。
商店街2.6kmにちなんで、2.6mのお箸!
このことはWEBの記事で読んでいたので知っていたのですが、
やっぱり実物見ると大きかったです。
レプリカも大きかったですけど、なんだか可愛らしかったです。

DSCN1635.jpg

鳥居も下がってます。
かわいい…。
「真朱」(赤)・「桔梗」(青)・「浅葱」(水色)・「萌葱」(黄緑)の四色あるんだとか。

天満駅から梅田へ。
桜ノ宮も「買い物にでも行きまへんか」に出てきたな…などと思いながら、
一駅だけ電車に乗ります。

で、これまた憧れの梅田スカイビルへ!
DSCN1645.jpg

どう憧れてたかというと、これは全然ミーハーとは関係ありませんで(笑)
高校生のころ修学旅行で大阪に行ったんですが、
ちょうどスカイビル完成のちょっと前くらいだったんですよね。
で、あれ目立つじゃないですか。
また、ただ高いだけじゃなくて、あのデザイン!!
田舎の女子高生からしたらそれはもうまぶしいくらいにかっこよく見えたのです。
バスの中から見てて、「すごいなー大阪って都会だなー。
あんなかっこいいビルがあるんだぁ。いつかのぼってみたいなあ」
と思っていたのです。
そのときはビルの名前なんか知らなかったですけど、
ガイドさんの「空中庭園」という言葉だけはとてもよく覚えています。
なんだか小説とかファンタジーに出てきそう、とか思ったので。
(なぜファンタジーかと言うと、ちょうどそのとき「ナルニア国物語」を
読んでた、というだけのことなんですが・笑)
でも、妙に印象的な言葉でした。「空中庭園」。

で、10年以上越しの願いが叶い(笑)。

DSCN1648.jpg

真下から見るとこう見えるんですが…。

DSCN1654.jpg

上から見ると、こんな感じ。

DSCN1650.jpg

そしてエスカレーターに乗っているとこんな感じ。
なんか、宇宙に行きそう…。こんどはSFの世界(笑)。

DSCN1667.jpg

展望階に上がるとガラス越しに見るとかじゃなくて、ほんとにもろ外なんですね。
ちょっとびっくり。
床もきらきら光って綺麗です。が。

眼下に広がる、きらめき。
DSCN1655.jpg

DSCN1658.jpg

DSCN1660.jpg

DSCN1664.jpg

夜景夜景夜景夜景!!!
絶景かな、でした。
のすけは走っていく電車ばかりが気になっていたみたいでしたけど(笑)。

DSCN1669.jpg

双眼鏡越しの大阪城。案外撮れるもんですね~。

で、突然ですが翌日。
朝ご飯に、前日天神橋筋商店街の「薫々堂」さんで購入した和菓子
「ちりとてちん」を食べてみる(笑)。↓これです。
DSCN1675.jpg


DSCN1633.jpg

こちらは以前から期間限定で落語にちなんだ
いろいろな和菓子を作っておられるそうで、
ちりとてちんは人気のため予定よりも期間を延長して発売しておられるそうです。

ちなみに、どう「ちりとてちん」なのかといいますと…。
お豆腐にちなんで、皮には豆乳が入っていて
長崎にちなんで、白あんに長崎名物であるザボン漬で風味付けしてあるそうです。
豆乳だからか皮が軽い感じがしましたし、
ザボンって柑橘類だと思うんですけど、ほんのり酸味のある味がして
さっぱりしてておいしかったです。

で、ホテルから近かったので、こちらにも行ってみました。
CIMG8562.jpg

CIMG8565.jpg

リサイタルホール。
ここは、ちりとてちんでは「天狗座」の外観で使われました。
思えば、ロケしてるシーンって、印象的なシーンが多いなあ…。

CIMG8578.jpg

CIMG8569.jpg

それから、大阪市中央公会堂。
ここも、ちりとてちんで出ていたので行ったのですが…。
とても綺麗な西洋風建築でした。重要文化財だそうです。
辰野金吾も設計に関わっていたようです。
辰野金吾といえば、私でも知ってる明治期の建築家!
日本銀行本店や東京駅をはじめ、奈良ホテルなんかも設計しています。
小樽に行った時には旧日銀小樽支店も見たし、
それに、大好きな京都文化博物館別館(旧日銀京都支店)も。
そ、そうだったのか…。
京都文化博物館は、金庫室だったところでお茶ができたりなんかして
けっこう好きなところです。
なんとなく、ご縁があるような気がして勝手に嬉しくなりました。

今回は外見だけ見ただけでしたので、
次にはゆっくり中にも入りたいです。
中之島倶楽部というレストランがあるんだとか。
ちりとてでもオムライスが出てきたから、いつか食べてみたいなあ…。

そんなわけで、文章は長かったですが超駆け足で大阪を走り抜け、
次は小浜に向かうのでありました…。
とりあえず、大阪編はおしまいです。

お付き合いいただいて、ありがとうございました。
次は小浜編…だと思うんですが、ちょっと疲れてきたんで、
別なこと書くかもしれません(笑)。
よろしかったら、またお付き合いください。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

お久しぶりです

ちひろさん、お久しぶりです。

繁盛亭の開館日と、のすけクンの誕生日が、わずか1週間違いだったのですね。これも何かの縁です。20年後、のすけクンがこの高座で「はてなの茶碗」などを演じていたらおもしろいでしょうね。

天満宮ではお祭りの日に当たっていてよかったですね。

それに、今回の大阪旅行で、心配されたのすけクンは、意外にグズらず、ちひろさんの旅をむしろ楽しくプロデュースしてくれたのには感心しました。今から旅慣れたところを発揮しているようで、末頼もしい限りです。

天満宮や繁盛亭から天神橋筋商店街、梅田のスカイビルそして夜景、翌日の中之島の中央公会堂までの詳しい記述…すごい筆力ですね。圧倒されました。大阪に住んでいながら、こんなに詳しい大阪の様子をルポルタージュされると、なんだか不思議な気持ちになります。

僕も、大阪へ修学旅行に来たような気になりました。

のん | URL | 2008/06/30 (Mon) 21:13 [編集]


ご無沙汰しています!

のんさんお久しぶりです!
お仕事、少しは落ち着かれましたか?

長々とした大阪編にお付き合いいただいてありがとうございました。
地元でいらっしゃるのんさんからごらんになれば
いろいろと不備だらけの記事だったと思いますが、
自分にとっては思い出しながら書く作業はとても楽しかったです。

繁盛亭が2006年にできたというのは知っていたのですが、
9月15日だというのは今回はじめて知ったので、びっくりしました。
もしのすけが15日生まれだったらもっとおもしろかったんですけどね(笑)。
でも、そのころは繁盛亭のこととか全然知らなかったなぁ、と思ったりしちゃいました。
ちょうど「1週間か2週間予定日より遅れるかも~」と言われたころでした(笑)。
ちなみに遅れなかったんですけど。

天満宮のお祭は本当にラッキーでした。
あまりない機会だと思いますし、楽しかったです。

のすけには本当に助かってます。
ご飯をあまり食べないわりには、体力もあるんでしょうし、
妙に順応性があるのは、まだ何も考えてないだけかもしれないですけど(笑)。
出先でもぐずったり騒いだりはあまりしないで、機嫌よくしててくれるのがありがたいです。
親のエゴで疲れさせるわけには行きませんもんね。
のすけのおかげか、地元の方にたくさん声をかけていただき、楽しかったです。

また近々小浜編も書こうと思っています。
よろしかったらまたお付き合いください!
ありがとうございました。

☆のんさんへ(ちひろ) | URL | 2008/07/01 (Tue) 12:19 [編集]


ちりとてちんファン

こんにちは 大阪弾丸ツアー満喫しました
私もちりとてちんファンなんですの
ちょっと前に総集編やってましたよね
ぐーたら旦那も見てましたが、私はまた感動して涙・・・
本家本元に行かれたんですね

のすけ君と同い年って言うのもめぐり合わせですわ
きっと将来は落語家・・・じゃないですよね

大阪って行ったことがないんですの
「そうでんねん~そうでっか~」の街ですよね・・・
ちひろっぴぃの記事を見ていると、まるで
大阪にいるような気がしました。

また続編期待していますよ~!

お後がよろしいようで・・・・またお邪魔しますね

おりひめ | URL | 2008/07/02 (Wed) 12:58 [編集]


ようこそのお運びで!

おりひめさん、いらっしゃいませ!
ようこそのお運びで、厚く御礼申し上げます。
一応初めまして、ですかね?
でもちひろっぴぃなんですねe-266

ちりとてちんお好きでしたか?
うれしいなあ。
最近の朝ドラは基本的に見てるほうですが
ちりとては特別大好きだったので、
ファンって方が他にもいらっしゃると本当に嬉しいです!
ぐーたら旦那サマ(なんて私も言っていいのかな…)も
お好きでしたか?
うちの相方もけっこう好きだったので、弾丸ツアーに嬉々としてつきあってくれました。
ちなみに、のすけも大好きでしたよ~。
いつも「ちりと!ちりと!」って言ってました(笑)。

大阪にいるような気がしたなんて言っていただけると
恐縮ですが、うれしいです。
こんな拙い文章ですが、楽しんでいただけましたか?
ありがとうございます。

総集編はちょっと短すぎでしたね(笑)。
でも、私もまた感動しちゃいました…。
今は完全版のDVDを見ていますv-356
(うっかり買ってしまったらしい…)

将来のすけには落研にでも入ってもらいましょうか(笑)。

いらしてくださって、ありがとうございました!
またよろしかったら、お越しくださいね。

☆おりひめさんへ(ちひろ) | URL | 2008/07/02 (Wed) 15:37 [編集]


すっかり楽しませていただきました

ちひろさんの力作、大阪弾丸ツアー、とても楽しかったです。天満宮のお祭りも臨場感が伝わってきましたし、梅田スカイビルの夜景もとってもきれいです。(私が大阪にいたころはまだ建設中でした)中之島公会堂はなつかしかったです。勤めていた会社が近くにあったので。

のんさんもコメントされてますが、のすけちゃんはとっても親孝行ですね。

私も8月の夏休みに、Bebeを連れて国内旅行デビューを計画中です。妹たちがいる仙台の七夕を見に行く予定です。Bebeはいい子にしててくれるかなあ。

ボワシエール | URL | 2008/07/03 (Thu) 22:36 [編集]


ありがとうございます!

ボワシエールさんいらっしゃいませ!

力作だなんておっしゃっていただいて、ありがとうございます。
スカイビルが建設中のころに大阪にいらしたんですね。
じゃあ、大阪ですれちがったかもしれませんね(笑)。

確かにのすけは親孝行かもしれません。
あんまり甘えすぎないように気をつけなくちゃ、と思いつつ、
つい連れまわしてしまいます。
もう少し大きくなって、のすけもちゃーんと楽しめるようになってからも
今みたいな感じでついてきてくれるといいなあと思っています。

仙台に行かれるんですね!
一応地元なんで、なんだか嬉しいです~。
仙台七夕、もう何年も行ってないですけど(笑)
飾りを見て歩くのがメインですし、
色鮮やかでふわふわ風に揺れたりしますから、
きっとBebeちゃんも見ていて楽しめるんじゃないかと思います。
仙台、意外と暑かったりもするのでお気をつけくださいね。
(いや、東北ってだけで涼しいと思われる方も多いみたいなので…念の為…)

私も8月くらいに地元に帰る予定なので、
もしかしたらすれちがうかもしれませんね。

またどうぞいらしてください!
近々小浜編も書こうと思っています。
よろしかったらまたお付き合いください!
ありがとうございました。

☆ボワシエールさんへ(ちひろ) | URL | 2008/07/04 (Fri) 12:36 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。