楽しゅうなるこそ…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

最近のミーハー事情

久しぶりすぎて、自分でもびっくりです。
今更ですが、今年もよろしくお願いいたします。

12月は結局1つもブログを書かないまま…年を越してしまいましたねー。
しかも、1月もはや24日…。時が過ぎるのははやいです…。

最近の私は、わけのわからないミーハー炸裂状態で生活しています。
夏クールにうっかりはまったアイドルドラマのおかげで、そのまま某アイドルのファンになってしまいました…。
中学生以来だよ、そんなの…。
絶賛売出し中でたくさんテレビに出てくれるので、その情報を得て、チェックするだけでもういっぱいいっぱい。
雑誌もチェックしなくちゃだし、ラジオも聞かなくちゃだし…。新曲も出たし…。

今までの、俳優さんのファンやらバンドファンやらとは、全然違う世界だ。

いやーもう少し若かったら、もっともっとはまれて面白かったでしょうし、堂々と世間にも言えるんでしょうけどねー。
さすがにちょっと、いい年して恥ずかしい(笑)。
でもまあ、ひとりで勝手にファンしてるのも楽しいんで、いいんですけど。
多分、結構私世代以上のファンもいそうだし。
まぁ、先月うっかりラジオの公開録音で、ご本人を目の前で見てしまったため、
余計にボルテージ上がってるってのはあるけど。

あ、好きな俳優さんこと加藤虎ノ介さんも、今回のクールではレギュラードラマがあるので、それも見てます。
「ダーティママ」にて、オネエさんの役なので、ちょっとおもしろいです。
しかも中国語も!おおお、四草@ちりとてちん!みたいな。
ちょっとしか出てこないのにインパクトある!と思うのは、ファンのひいき目か、単に役柄のせいか。
もうおひとりの堺雅人さんは相変わらずのご活躍で、冬に主演映画が3つもあるとか…。
なかなか映画館はいけないけれど、楽しみだな。
最近はDVD化もはやいですしね。

それにドラマのことに関して言えば、
今クールは私が宮部みゆきさんの作品の中で一番好きだといっても過言ではない
「ステップファーザーステップ」もドラマ化されています。
主人公の「俺」こと上川隆也さんも好きですー。
そして、小西真奈美さんも大好きですー。
「お神酒徳利双子」ちゃんもかわいいし!これも毎週見ています。
毎回、双子ちゃんに癒されています。けなげでかわいくて。

そして、今年の大河ドラマ!
脚本が「ちりとてちん」の藤本さんということで楽しみにしていました。
今のところ、毎週見てます、ってまだ3週目だけど。「江」もそれくらいまでは見てたけど。
んーーー…10代には見えないけど、見えないけど、まぁいいかなあ、と思ってしまいつつ。

なんてったって、脇のキャストがいい!まあ、あくまでも自分的にですけど。
渋い人たくさん!佐戸井さんとか小日向さんとか、中村梅雀さんとか…。ほかにもたくさん。

基本、女性好き(←語弊ありまくり・笑)の私としては、
1話の吹石一恵ちゃんの白拍子にとても引き付けられ、
和久井映見さんの池禅尼さまが素敵だなあーと思ったりしつつ。
でもなんといっても、檀れいさんの待賢門院様が、自分的にはイメージどんぴしゃで、どきどきしています(笑)。
なんか、道徳観とか倫理観がどっかにぶっ飛んでる綺麗なお人形みたいな感じが。
鳥羽院も怖くていいけど、なんてったって、あの待賢門院様がすごすぎる。
いやー、これから西行とどう絡むのかとかとっても気になります。
そういえば、西行役の藤木直人さんは、以前も藤本さんのドラマに出てましたよね。すっごい昔だけど。
偶然かな?
これから出てくるであろう、ふかきょんの時子とか、松雪さんの美福門院とか楽しみすぎです。

保元・平治の乱をやるにあたって、忠通と頼長のキャストもいい…おもしろい…。
今のところ、すっごく楽しみです。

ドラマだけで、ずっと見ている「トンイ」も入れると、6つも見てるんだよなあ…
先週までゲスト目当てでもう一つ見てたし。
本当は、大泉洋さんが出るから月9も見ようと思ってたんですが、2回とも見損ねたから結局見てない…。
でもこれ以上は無理だ、ドラマを見るのは…。

しかも、最近、WEAVERというピアノピースのバンドにもはまってまして。
ピアノ・ベース・ドラムという、私の大好きな編成!
ピアノ弾きながら歌う人、大好きなんです…。そしてリズム好き。
声も詞も歌も、自分的にはルックスも(笑)、とってもよくて、絶賛ヘビロテ中です。

思い返せば、このバンドは一昨年くらいにちょっといいなーと思って聞いていたのですが、
その時は1曲聞いただけで、そんなにはまるほどではなく。
ですが、某アイドル目当てで見てた歌番組に出ていて、曲を聴き、
なんて素敵なバンドなの!超好み!と思ってしまい…
あれ、これ、私ミニアルバムの音源持ってるじゃん、と…。
あわてて、持ってるミニアルバムを聴き、持っていないものを入手しました。
結構タイアップ取ってたりするので、もし、聴かれたら、ああこれか~と思ってください(笑)。

ていうか、ここ半年で、ついに年下の人のファンになってしまった…。
アイドルはともかく、WEAVERもだいぶ下ですしね…。
今まで、同世代以下のファンになったことなかったから、すごく年を感じます…。
だって、BEGINのファンの中では結構若いほうだったし、
狂言見に行くと、はまりたての頃のように浮きこそしないけど(…当時23歳とかだったし…)、そりゃまあ若いし、
俳優さんのファンは、別にイベントとか行ったことないから、ファンの中で若いかどうか知らないけど、
でもまあとりあえずご本人が私より上だし。
名前が覚えられないといつも周りに言われるHARCOこと青木くんは、同い年だし。

最近ファンになった人たち、ご本人が1980年後半とか90年代の生まれですよ?!
平成生まれじゃん!下手したら!へーいーせーいーーーーー!
中1?あれ?小6?とにかくそれくらいには育った子どもだったよ、当時の私…。
ついに、そんな自分よりも若い人のファンになる日が来てしまったのね…。
と思うと、なんだか思うところはありますが。
まぁ好きになってしまったものはしかたがない。
とりあえず、飽きるまではこのままいくしかないかなー。
楽しいのは事実だし。気持ちだけは若い!つもりです(笑)。

そんなわけで、ここ最近すっかりただのミーハー生活を送ってしまっており、
ブログからも遠ざかってしまっていた次第なのでありました。
本もほとんど読んでないし…月1冊くらいは読んでるけど、駄目だな、私。
もう少し落ち着かねば。

もしまたブログをほっといたら、ああ、忙しいんじゃなくてお馬鹿さんなんだなあ、と思ってください…。
自分でも、ちょっと反省はしています…。

そんなわけで、今年もマイペースで書き込んでいきたいと思っています…。
せめて…月に1回くらいは書かないとブログじゃないよなあ…。
ツイッターで遊んでいる場合ではない…。

お付き合いいただいた方、いらしたとしたら、いつも以上にお馬鹿さん炸裂の文章で申し訳ありませんでした。
ありがとうございました。
インフルエンザなど流行っているようですので、お気をつけてお過ごしくださいませ。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

大河ドラマ

へぇ~、大河ドラマの脚本が「ちりとてちん」と同じ人だったのですか。
知りませんでした。

「平清盛」は京都のゆかりの地が多く出てくるので馴染み易いです。
それと、僕は百人一首が好きで、いちおう全部暗記しているのですが、
今日のドラマでも「長からむ 心も知らず黒髪の 乱れてけさは 物をこそ思へ」
が出てきました。あ、80番目の歌だ、と、すぐにわかるのですよ。えへへ~。
昔、ある方法で百人一首を暗記しましたが、コツは、また明かします。
話がそれましたけど…

ところで、檀れいさん、相変わらずいいですね~
「道徳観とか倫理観がどっかにぶっ飛んでる綺麗なお人形」
というのは、実にうまい表現ですね。さすが~、ちひろさん。

この待賢門院様は、崇徳上皇の母でもありますよね。
これまた僕の大好きな落語のひとつ「崇徳院」を思い出します。
「瀬をはやみ 岩にせかるる滝川の われても末にあわむとぞ思ふ」
という歌がこの落語のモチーフになっているのですが、
ご承知だと思いますが、滅茶苦茶おもしろい落語ですよね。
またまた話がそれましたけど。

檀れいさんは「武士の一分」以来、
「八日目の蝉」や「美しい隣人」ですっかりファンになりました。

そして…来月公開される「逆転裁判」という映画では、
なんと「ちひろ」という名の女性の役をするそうですよ。
あぁ~、またまたまた、話がそれましたけど。

わけのわからないコメント、ど~も失礼しましたぁ~

のん | URL | 2012/01/29 (Sun) 22:02 [編集]


ありがとうございます

体調がお悪いのに、コメントいただいて、ありがとうございます。
なんだかすみません…。

百人一首全部覚えておいでなんですね!
すごい!
実は恥ずかしながら、私は全部は覚えていないのです…。
小学生の時に自分が好きなのばかり覚えて、それっきりで…。
「ちはやふる」という競技かるたの漫画をずっと読んでいて、
のすけといつか百人一首をやりたいねーなんて言いつつ、
そもそも私が全部は覚えていないという…。
覚える方法、ぜひ教えてほしいです!
実はこっそり去年からの目標なのですが、たぶんまだ3分の1くらいしか覚えてない…。
ちなみにのすけは1から3番までの3つだけです(笑)。
待賢門院堀河の「ながからむ~」は覚えているうちのひとつなので、
あのシーンはおおっと思いました。
西行に添削されてるーみたいな。面白いシーンでしたね。
…中古文学好きとしては、ぜひとも全部、今更でも覚えたいと思っているのですが…。

檀れいさん、CMの印象くらいしかなくてきれいな人だなーとは思っていましたし、
のんさんがお好きな方だなーとは思っていたのですが、
あの待賢門院様はもう、本当にいいですね!
どきどきします。はらはらもするけど。
崇徳院の歌も素敵ですよね。
高校の頃、友人がこの歌に傾倒していたので、とても印象に残っている歌です。
また「ちりとてちん」で恐縮なのですが、落語「崇徳院」はちりとてのストーリー上とても重要なキーとなる噺でしたので、もちろんよく覚えています。
私も大好きです。
とっても面白いし、毒のないカラッと笑える話だなーと思います。

狂言もそうですが、伝統芸能というのは、古典を下敷きにしているものが多いですよね。
庶民の笑にすら、そういった知識が必要とされ、みんなが当然のように知っていたんだなあ、と思うと、昔の人のほうが教養や歓声が豊かだったのかもしれないな、と思います。
今はネット社会で、みんな物知りなのに。
いろんな情報がありすぎて、共有している部分が少ないのかな。

私のほうが話がずれまくりです。
すみませんでした。
コメントありがとうございました!うれしかったです。
またお待ちしています。


☆のんさんへ(ちひろ) | URL | 2012/01/30 (Mon) 21:21 [編集]


間違えた。

歓声×
感性○
ですね。大変失礼しました。

☆のんさんへ(ちひろ) | URL | 2012/01/30 (Mon) 21:23 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


-

管理人の承認後に表示されます[続きを読む]

/ 2012/11/21 (Wed) 17:50


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。